> > > カードローンの審査って嘘ついても審査に通過できますか

カードローンの審査って嘘ついても審査に通過できますか

カードローンって審査基準とか申込み条件とかいろいろ難しいこと言ってるけど、実際に申し込んで審査する時にちょこっと嘘ついてもバレないでしょ?例えば、他のところから20万円とか借りてたとしたら、どこでバレるの?他の会社になんてバレないでしょ?A社で借りてて、次にB社から借りようとしたらB社が審査する時にわざわざA社に電話するわけじゃないだろうし、ましてやA社から借りているなんて、借りる人が申請しない限り知らないでしょ?

借りる人が申請するために他社借入れ件数とか金額も書くようになってるんでしょ?だからそれさえ書かなかったらバレないよね?他社借り入れ件数とか金額に記入がなかったら審査に通過できるよね?

審査で嘘をついても、すぐにバレます

嘘をついてカードローンに申し込むつもりなのかな?それってヤバいわよ。まず、カードローンって申し込む人を信用してお金を貸す仕組みなのよ。だから保証人とか担保を取らないでしょ?それなのに嘘をつくつもりなんて、信じられない!一番信用してもらえないわよ。

もし嘘がバレた時には審査に通らないどころか今借りている所にも嘘をついたことがバレて信用無くすわよ。どうして今借りている所にもバレるのかといったら、カードローン会社って信用情報機関っていう所に加盟しているの。そして、この信用情報機関が情報を管理しているのよ。Cさんが申し込みをしたらCさんの申込み情報が登録されるのよ。そして、現在借り入れとかしてたら、借入れ状況とかの情報が出てくるの。

だから、もしA社に申し込みをしたらA社はまず信用情報機関に照会してB社から借り入れしていることが分かるってことよ。申込書に他社借入れ状況を0件0円って記入していて、信用情報機関に照会したら借入れ件数1件20万円って言うのが判明したらすぐに嘘がバレるわね。そして、カードローン会社は申し込みをした人を信用できないから審査は通過できないってなるのよ。カードローンの審査に通過したいのなら嘘は禁物。誠実な対応が審査に通過するポイントなのよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

嘘をつくとカードローンの審査は通過できない!

カードローンの審査を受ける時、絶対に守ってほしいのが「嘘をつかない」ということ。年収額や他のカードローン会社での借入額、勤務先の情報などを偽って記入しても、それが発覚すると審査に通過することはまずなくなってしまいます。

嘘がばれなければいいんじゃ?と考える人もいるでしょうが、カードローンの審査の場合、申込書に記入された内容の裏取りをしっかりやっているので、そういった嘘はまず間違いなくばれます。

たとえば年収は、収入証明書や給与明細を見ればすぐにわかりますし、そういった収入がわかる資料の提出を必ず求められるはずです。勤務先についても、健康保険証を確認するなり会社に在籍確認の電話を入れるなりすればわかります(在籍確認は一応拒否は可能ですが、個人名で行うなど最低限の配慮はされます)。

他社からの借り入れ状況はこちらから言わないとわからない気もしますが、世の中には個人信用情報機関というものがあり、ここに今までの借り入れに関係する情報が記録されているのです。

これらの記録は、個人信用情報機関に加盟している銀行・会社なら、本人の同意のもと自由に確認することができます。つまり、個人信用情報を見れば、いくら隠しても他社からの借り入れ状況は筒抜け、というわけです。

このように、カードローンの審査では申込書の記入内容が本当かどうか厳しくチェックがされるので、嘘をついて結局ばれてしまうのです。

記入内容に偽りがあるとわかれば、通過できたはずの審査も通らなくなってしまうことも考えられます。カードローンの場合、お金を貸せるかどうかを決めるのはその人の「信用力」なので、信用を損ねるようなまねは決してしないことをおすすめします。

なお、嘘をついていると疑われないためにも、申込書の記入にミスがないよう注意しましょう。特に派遣社員の方は、勤務先の記入に注意。「今務めている会社名」ではなく、「登録した派遣会社名」を記入しましょう。(こちらもご参考に→派遣社員がカードローンを利用するときに注意すること

新着記事
カテゴリー
ページトップへ