> > > カードローン審査通過ができる裏ワザのようなものは?

カードローン審査通過ができる裏ワザのようなものは?

カードローンの審査通過に関して簡単にできるような消費者金融や銀行系カードローンの裏ワザのようなものはないのでしょうか。正直なところ、消費者金融系や銀行系カードローン両方ともに、できるだけ借入をしたいところではありますが、簡単に審査通過できないだろうなというのも思っているのです。

なので裏ワザのようなものがあれば使いたいと思っていますが、裏ワザのようなものはカードローンの審査通過できるものはありますか?できれば簡単なものでお願いします。

カードローンの審査通過できる裏ワザはないが注意点はある

カードローンの審査通過できる裏ワザというのは基本的にありません。なにか特別なことをしたらとおる、というほどカードローンや消費者金融の世界は甘いものではないのです。ですので、できるだけ裏ワザなどの変化球に頼らないようにして借入をできるようにしないといけないわけですが、注意点だけは守っておいたほうがいいものはあります。

例えばですがカードローンの審査通過をするために、消費者金融も使いたいからと2つを同時に申し込みするのはよくありません。先に銀行系カードローンから申し込みをして、その後に数ヶ月あけてから消費者金融を申し込みするようにしましょう。でなければ借入できないようになる可能性があるからです。

これは複数申し込みによって嫌われる可能性を消すことがひとつと、もう一つがカードローンの審査通過のために厳しいと言われている銀行系を先に受けて、その後に消費者金融を使うようにするのです。こうすれば2つ目の枠をもらいやすくなります。すでに借入があるのに厳しい審査のカードローンを受けようとすると結構通りにくくなるのです。(こちらもご参考に→カードローン審査の通り方って決まってるの?

このような注意点というのはいくつか存在します。一つだけしか使わない時にも収入が少ない時に申し込みをしないであるとか、他に借り入れがあるなら先に返しておくというようなこと、もしくは住宅ローンなどがあるなら同じ銀行のサービスをチェックしておくなどです。こういう小さな積み重ねがカードローンの審査通過できる可能性を少しずつ高めることにつながるでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

カードローンで審査通過できるステータスとは

カードローンの利用を始める為には審査に通過する必要があります。しかし、この審査は厳しいとされており自分のステータスに自信が無いようでは大概が落とされてしまいます。この審査ではカード会社にとって優良な利用者であるかを見られる事になります。カード会社にとっての優良な利用者というのは、毎月決まった額の返済を滞り無く行えて多額の借金をしてくれる人です。

カード会社は金利や数量によって利益を得ているので、安定して借金を繰り返してくれる人はお得意様と言う事になります。その反面、滞納を繰り返すような利用者はカード会社にとっては不利益な存在として扱われる事になります。お金を返さないという事は会社にとって損失であるので悪質な利用者ということになります。

審査でまず見られるのは年収です。これは経済力がどれほどあって、お金に困っているからカードローンをするのかどうかを判断する材料になります。お金に困っていて借金する場合には本当に返済能力があるのかどうかわかりません。お金が無いから借りるのに、金利を付けて返す事が出来るのかは疑問です。そして勤続年数を見られます。これはどれだけ一つの会社で努力してきたかを見られると共に、勤め先の安定性に関して審査されます。
(⇒カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

そして一番大事な事は信用に足る人物であるかを審査されるものです。経済力があっても信用できない人物はこの業界では真っ先に落とされる事になります。信用は滞納をしたりしていない事によって得る事が出来ます。つまり当たり前の事を当たり前にしておく事でこういった時に信用を得る事が出来ます。

全てをまとめて審査通過できるステータスを解説すると、年収は300万で勤続年数は3年以上が条件になります。これだけあれば経済力の面では心配ありません。次に社会的信用度ですが、これは滞納をしないだけではなくあえて今までに借金しておいて完済しておくことで、更なる信用を得る事が出来ます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ