> > > 審査で通りやすい人とされている人とカードローンについて教えて

審査で通りやすい人とされている人とカードローンについて教えて

女性だとカードローン審査は難しいなど曖昧なことが言われているのですが、実際にカードローン審査で通りやすい人の条件とはどのような条件となっているの?

利用金額が少なく利用年数が多い人

今では有名だけど、「利用金額」については制限がかけられるようになっているので、この点だけは注意しておいたほうがいい。ちなみに、借り過ぎだと指摘される金額で新規カードローン契約というのはできなくなっている。今回のカードローン審査で通りやすい人とは逆の性質にある人なので、そのような人はどのようなカードローンであっても審査で通ることはないでしょう。

次に、どのような条件があるのかについては、「3つほどの条件が設けられている」ようになっているわ。例えば、負債が少ない人はカードローン審査で通りやすい。次に、年齢が若い人より年齢が若くない人のほうが審査で通りやすく、且つ勤務実績についても数年以上となっている人が好ましかったりするの。つまり、あまり勤務を長く続けていない人は条件漏れしてしまう人になってしまうのね。

後、今では2010年6月から総量規制が実施されるようにもなっているので、男女に関係なくカードローン審査そのものは通りやすくなっているわ。女性用のカードローンとか意識するのは、せいぜい100万円以上の高額カードローンからじゃないかしら?20万円や30万円付近でカードローンされる場合、多くの銀行やサラリーマン金融では「年数にして1年以上の勤務実績、安定収入がある」人であれば審査クリアとなりやすいとなっているの。

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業とかってある?

カードローンの審査に通りやすい人・通りにくい人

カードローンなどでお金を借り入れる際には、必ず審査があります。ここでは審査に通りやすい人と審査に通りにくい人の違いをお伝えいたします。

まずどのようなことを審査されるのか、審査項目で一番重要な項目は仕事になります。これはどのような会社に勤めていて、収入がいくらなのか、また雇用形態がどのような形態なのか、勤務期間なども審査されます。

まず公務員や大手企業などに努めていれば審査に通りやすく、自営業などは審査に通りにくくなってしまいます。また雇用形態は正規雇用が一番会社とのつながりも強くリストラなどになりにくい為、高評価となります。

勤務期間が重要で、これはほとんどの業者で収入の多さよりも、長期間にわたり安定した収入があることの方が高評価としている為です。ですので一時的に大きな収入が見込める場合よりも、少ない収入でも安定した収入がある方が良いのです。

ですので勤務期間が長い方が借り入れた後でも、その人がどの程度なら返すことができるのか判断がしやすくなります。逆に短期間で仕事を転々としていると、借りた後、収入額が変わる可能性が高くなりますので、どの程度なら返すことができるのか判断が難しくなります。

ですのでひとつの会社で最低でも半年は勤務をしていなくてはなりません。確実に借りたいのであれば1年以上は勤務する必要があります。

そのほかの項目としては住居形態なども大事で、持家であれば審査に通りやすく、中でも一番良いのがローンを完済している方になります。その次に持家でローン返済中の方でも高評価となります。

マンションやアパートに住んでいる方は、引っ越しなどが多いと評価が低くなってしまうことがあります。これは住居が転々としていると、返済してもらうのに手間が掛かってしまうので敬遠されてしまいます。

そのほかには電話の有無も評価対象になり、固定電話を持っていることが一番良く、さらに携帯電話も持っていると尚良いです。携帯電話のみは審査に通りにくくなりますので注意してください。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ