> > > カードローン審査で一番厳しいところは銀行ですか?

カードローン審査で一番厳しいところは銀行ですか?

あまり厳しくないカードローンを探しています。銀行がカードローン審査で一番厳しいと聞いているのですが、他にも厳しいカードローン会社はあるのでしょうか?

誰でもOKが特に厳しいカードローン

銀行は、むしろ甘いカードローン審査とされています。サラリーマン金融も同じで、銀行やサラリーマン金融については「マニュアル化が進んでいる」ので、そこまでカードローン審査が厳しくありません。マニュアル化とは、例えば年収が100万円以上でローン件数0のような状況であれば、必ず審査に受かるようなマニュアルのことです。銀行やサラリーマン金融は、特にマニュアル化が更新されやすくなっています。

その為、銀行でカードローン作成する場合には、「無職、無収入、専業主婦、アルバイトやパート」などであっても作成できるようになっていますので、カードローン審査で一番厳しい業者からは銀行が真っ先に省かれると思っておいてよいです。では、厳しい業者はどこなのかというと、それは「誰でもカードローン作成ができるような業者」です。審査については、こちらはあまり厳しくありません。

ですが、銀行やサラリーマン金融とは違って、増額をするのも厳しいとなっているのです。誰でもOKなカードローンというのは、「カード作成までは誰でもOK」としているだけなのです。つまり、審査に通っても高額でカードローンするのは、ほとんどの利用者で不可能となっていると思っておくといいでしょう。こちらのような対応をされている業者は、個人経営の街金や中小のサラリーマン金融で多いとなっています。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

カードローンの審査が一番厳しい銀行系のサービスの利点とは

カードローン の中でも、審査が一番厳しいものとして知られている業者に、銀行系のサービスがあります。しかし、銀行系のカードローンで借入れをする場合には、数多くの利点を享受することができ、有利な条件で融資を受ける事が出来るのです。

銀行系のサービスの特徴としては、審査が厳しく時間が掛かるという難点もあります。しかし、法的な規制の対象外となっているサービスである事から、上限額が消費者金融系の会社よりも大きく、大幅に金利が安いサービスであるという利点があるのです。

銀行系のカードローンは、信販系や消費者金融系と比較すると、各審査項目に関する評価が厳しくなる傾向があります。そして、より長い時間をかけて評価が行われるので、融資までに時間が掛かります。しかし、知名度が高く信頼性の高いサービスは、はじめて金融機関からお金を借りるような方でも利用しやすく、安心して融資を受けられるというメリットもあるのです。(こちらもご参考に→自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

また、銀行系のカードローンの場合は、預金などを担保にした融資になることもあるので、この場合は融資の上限が預金残高や勤務先の社会的な信用度などで変化する事があります。しかし、これらの条件がつくことにより、他の業態では不可能な金利負担の低さを提示することができ、返済負担の少ないサービスが提供出来るようになっているのです。

最近では、銀行系のサービスでも、徐々に審査に要する期間が短くなり、借り入れの金額が少額であれば、審査条件が緩和されたサービスも出てきています。そのため、突然資金が必要になった際にも活用する事が出来るケースもあり、他のサービスよりも有利な条件で借入れが出来るようになっているのです。

銀行系のサービスは、金利の低さから高額な融資が必要な場合に適していますが、このメリットは少額の借入を希望している方にも有利な条件となるので、この金融機関のサービスは非常に活用範囲の広いものとなっているのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ