> > > カードローンが通らない訳は一体何が原因か

カードローンが通らない訳は一体何が原因か

何社カードローンの申し込みをしても、どうしても通らない。そういう人はいるかもしれません。しかし、カードローン会社はなぜ審査に通らなかったのかは教えてくれません。なので、明確に何が原因で審査に通らなかったのかは分からないのです。

銀行のカードローン会社で審査に落ちたのであれば、年収が低くて通らない。会社の勤続年数が短くて通らない。この2つで通らなかったのかもしれません。銀行のカードローンは審査が厳しいので、ある程度の収入と勤続年数、勤務先お状況などにも左右されます。高額の借入れでなければ次の消費者金融に申し込みましょう。

次に、消費者金融の審査に通らない場合です。借りたい金額と年収とが見合ってなかった。この場合は、借り入れる金額を見直しましょう。すでに3社以上からの借入れが有る場合。複数の会社から借入れをしていると、返済に何かしらの問題があるのではないかとみなされてしまいます。申し込み書に不備がある。この場合は、自分で分からない場合が多いので、電話で問い合わせて確認してみましょう。その他には同じ時期に何社も申し込みをしている。キャッシング会社はつながりがあるので、同じ人が複数の会社に申し込みをしているとすぐにその事実が分かってしまいます。あとは年収の3分の1より多くは借りることが出来ない決まりなので、その金額近くまでのお金を借り入れるとなると審査に通りません。

以上のことがあるので、原因がないかをしっかりと確認して、それでも分からない場合はカードローン会社に確認をしましょう。できるだけ、審査の許容範囲が広いところに申し込みをすれば通る可能性が上がります。

カードローンが通らない訳の中でも重要な要素

カードローンは一時的に金融機関からお金を借りる事によって、月々分割して支払いをしていく事が可能になるシステムです。このカードローンを申請する為には、審査に通過する必要があります。この審査の基準は金融機関によって変わってきます。とある金融機関の審査は甘くても、また違う金融機関のカードローンの審査は厳しい場合があります。

なぜ会社によって審査の基準が違うのかというと、それは会社がどの様なお客様を相手と取引をするか方針を決めているからです。カードローンはお金を貸すという事になるので、貸す側にもリスクがあります。お金を貸しても返済能力が無かったり、悪質な利用者であったが為に返済をしてもらえないということもあります。

そういった事を避ける為にカードローンを利用する時には審査を設けています。このカードローンの審査は厄介であり、たまに審査に通らない人がいます。カードローンが通らない訳としては、審査の基準に満たなかったという事が挙げられます。審査の際に見られる項目としては、年収や勤続年数や毎月固定の収入があるかどうかが挙げられます。まず、年収が一定の基準を満たしていなければ、月々の支払いを滞らせる可能性が出てきます。そういった事になれば金利がどんどん増えていく事になり、利用者はお金を返す事が出来なくなります。

それはお互いにとって不利益な事であるので、年収が低い場合には金額によっては審査に通らない事になります。そして勤続年数に関しては、利用者の信用度を示す事になります。勤続年数が短ければ短い程、その人物の社会的信用度は低くなります。

お金を借りるタイミングとしては勤続年数が一年以上である事が理想です。また、これは年齢にも関係しており、高齢であって勤続年数が短い場合には、転職を繰り返しており信用出来ないと判断される事になるので注意が必要です。

この様に社会的信用と返済能力が重要になってくるので、タイミングを見極める事が大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ