> > > 銀行カードローンの審査が通らない理由、教えて下さい

銀行カードローンの審査が通らない理由、教えて下さい

理由が分からずにモヤモヤしています。お金のことだから他に訊ける人がいないので質問するんですけど…。カードローンの契約のことです。カードローンって(あとはキャッシングとか?お金を借りる系のことです)、無条件でお金を借りることはできないですよね。それは分かってます。申し込みをして、あれこれ審査をしてもらって、最終的にお金を借りられるようになるっていうのが普通ですよね。

で、自分は過去にカードローンやキャッシングをしたことがないんです。この間、初めて銀行のカードローンを申し込んでみました。本当に一度もカードローンもキャッシングもしたことがなかったし、定職にも就いてるし、他に借金もないので、絶対審査に通ると思ってたんです。なのに審査に通れなかったんです!これってどういうことですか?

過去にやましいことは何もしていないのに審査に落とされたのは納得がいきません。銀行に問い合わせしても教えてくれませんでした。本人が聞いているんだから教えてくれてもいいのに…。何だか、お前は信用がない奴なんだ!って言われたみたいでショックです。どうして審査に通過しなかったのか、もし分かるようなら教えてくれませんか。かなりモヤモヤしてます…こんな思いをするなんて…!

落ちる理由は様々!よく思い出してチェックしてみよう!

理由が分からないと本当にモヤモヤするものですよね。特にお金が関わると、自分の信用情報がとても気になってしまうものです。もしかすると相手方の間違いかもしれないし……と思うとそれもまた更にモヤモヤしそうです。金融機関の審査というのは内容を公開していないので、どうしても予想の域を出ることができないのも困ります。プライバシー保護観点なのは分かるので文句も言えませんしね……。

あなたの質問の内容だけでは断言できないので、審査の通らない時の考えられる原因をいくつか挙げていきましょう。まず他に(高額の)借金はあるかどうか?ということ。これはないようですので除外しますが、お金を借りる時には重要なポイントであることも確かです。

次に考えられるのが、申込書の誤字脱字です。意外にも、これは審査に通過できない原因の上位に入っているそうです。個人情報を正しく伝えていないわけですから、それは仕方のないことかもしれません。この辺りにも心当たりはないでしょうか?ふりがな一つのミスでも審査には通らないので、自分では気づかないうちに何かしてしまっているのかもしれませんよ。

盲点なのが「携帯料金の滞納」です。これは最近急激に増えている現象です。常に身近にあるものですから見落としがちですが、大抵の人が分割払いで携帯を購入していますよね?つまりこれはショッピングローンを組んでいるのと同じこと。この支払いが滞れば、カードローンと同じように、「返済を滞納している」ということで信用に傷がついてしまうんです。案外知られていないのですが重要なことです。

それでも心当たりがないのなら、申し込みブラックの可能性はありませんか?同時に何社も融資を申し込むことを申し込みブラックと言います。短期間に大金を都合しようとしているのではないか?返済能力は大丈夫なのか?と、まだ信用が成り立っていない段階ですので、どうしても疑われてしまいます。金融機関側としては貸し倒れを避けたいので、融資をお断りするのがほとんどになっています。

このように、理由はいくつも考えられます。しかしどれも挽回できない理由ではありませんし、次は気をつけて申し込めばおそらく大丈夫ですよ。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に落ちる人の共通点とは

銀行カードローンの審査が通らない理由は何か

お金を得る方法というのは、どういったものがあるでしょうか。一般的には、お金を稼ぐという方法があります。これは、自分で事業を興して、利益を出すことによってお金を得ることができます。そのほかに、会社などと雇用契約を交わし、従業員になることによって給与という形でお金を得るということも可能です。これらのような、お金を稼ぐという方法以外にも、お金を得るということは可能です。では、それは一体どういったことなのでしょうか。

その答えは、お金を借りるという方法です。これによって、必要な時にお金を得ることができます。お金を稼ぐことと違うのは、お金を借りるということで返済する必要があるということです。しかも、借入金額のみを返せば良いのではなく、それに利子の金額も加えて返さなければなりません。返済時には、返済すべき期限があらかじめ設定されており、この期限までに借入金額と利子分を合わせて返済する必要があります。

お金を借りることを、現代では「カードローン」などといったりします。そもそも、「ローン」という言葉には、元来「何かを借りる」といった意味があるようで、それが現代社会において重要なお金を指す言葉として使用されてきました。したがって、現代においてローンといえば、お金を借りるという意味合いで使われることが多いようです。

カードローンを始めて利用する際には、ローンのサービスを提供する銀行などの金融機関によって、審査があります。この審査とはどういったことを調べるのかというと、お金を返済する能力があるかどうかを確かめるということをします。具体的には、信用情報というものがあり、これに基づいて審査が行われるようです。審査ですので、審査に通る時と通らない時があります。

銀行カードローンの審査が通らない理由は何が挙げられるかといえば、信用情報にキズがあるということです。つまり、過去において返済が滞ってしまったりした場合などの情報が信用情報にある場合、審査の段階で引っかかってしまうということがあります。しかし、金融機関によって審査の基準はさまざまで、審査の甘いところもあるので、そういったところは審査が通りやすいようです。審査に不安がある場合は、審査が甘めのところを利用すると良いでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ