> > > 絶対に確実にカードローンの審査に通らない人はどんな人なの?

絶対に確実にカードローンの審査に通らない人はどんな人なの?

私の周りに知る限りではクレジットカードを持っていない人はいないのですが、カードローンの審査に通らない人はクレジットカードなんて持てないですよね?って事は誰でも持っている感じで、誰でもカードローンの審査に通ると思われるのですが、絶対に、そして確実にカードローンの審査に通らない人はどんな人なのでしょうか?いるのでしょうか?自分も確実に借りれない人にならないかというのも心配です。

最低基準を超えていない人は絶対に確実に通りません!!

絶対に確実にとなると、普通の人には難しい条件になるかと思いますが、無理な融資の申し込みなら絶対に当てはまるかもしれませんね。審査に通る条件が安定した収入と審査の条件・基準のクリアになるので、収入がなくて審査の条件や基準を超えていなければ、絶対に確実に無理だという事になるでしょう。ブラックリストの人は無条件に一般的な貸金会社では絶対に確実に審査に通りません。ブラックでない人で考えてみたいと思います。

まず、みなさん、クレジットカードを所有している人ばかりみたいですが、クレジットカードの審査基準とカードローンの審査基準は違う事も多いですので、クレジットカードを持っている人の全てがカードローンの審査に通るとも限りません。可能性で言うと、全員が審査に落ちる事もありえます。大差はないのですが、クレジットカードの方が現金を直接貸し出さない分、多少は審査が優しくなるようです。

カードローンの最低基準ですが、まず消費者金融の場合は総量規制があります。なので、年収の3分の1以上の融資を希望した時点で、その融資額は確実に無理です。銀行の場合は総量規制とは関係ないので可能性はありますが、対象外であっても総量規制以上の融資は厳しくなる傾向にあります。他社での借り入れで年収の3分の1を借りてしまっている場合も無理です。

また、その消費者金融や銀行で融資をする人の条件を提示している場合があります。例えば年収400万円以上の人しか申し込みができないなどです。このパターンであれば、年収が400万円ない人は、確実に無理だという事になります。専業主婦やアルバイトが不可なところに専業主婦やフリーターが申し込みをしても絶対に無理です。

このように、実際に申し込みをした後の審査基準というのは公表されてませんが、申し込み前に提示されている条件がある場合は、それを確実にクリアしておかなければ審査に通る事はありません。あとは未成年と上限年齢を超えている高齢者の方くらいでしょう。

一般的な会社員の場合、ブラックリストに載っているような人や他社から借り過ぎていて余裕がなくなっている人くらいしか、絶対に確実にカードローンの審査に通らない人と言い切る事ができないかと思います。余程の状況でない限り、絶対はないとも言えます。

審査に通らない人がどんな人かと聞かれれば、ブラックの人としか言いようがないですね。これだけは確実に借りる事ができません。ただ、闇金になるとブラックでも借りる事ができるので、そう考えたら確実ではなくなってしまいますね。

普通に余裕を持ってお金を借りて、キチンと返済すべき金額を返済しておけば、そして仕事を辞めずに続けていれば(転職は可能です)、絶対に確実にカードローンの審査に通らない人になる事はないでしょう。ちょっとした滞納でも繰り返してしまったり、他社にたくさん申し込みをする事でもブラックになる可能性はあるので気を付けてくださいね。

カードローンの審査に通らない人はどんな人なのか

銀行系カードローンを、利用するための条件は各銀行によって違ってきます。カードローンの審査は、小口融資や住宅ローンより審査基準が甘いので、ある程度の条件さえクリアしていれば審査がおります。ですが、そのカードローンの審査に通らない人も少なくありません。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準ってどうなってるの?

では、カードローンの審査に通らない人はどんな人なのかというと、まずは、きちんと返済能力がある。過去にお金を踏み倒したことがない。という、2つのことをクリアしているかどうか考えてみてください。この条件をクリアしているのならば、次に、カードローンの審査で落ちやすいいくつかの理由に当てはまるかどうかを確認しましょう。

審査基準の一つ目は、安定した収入があるかどうかです。この場合、フリーターや定職についてない人は、断られてしまう可能性が高いです。この基準は、会社によって様々なので、条件に合う会社を選ぶことでクリアできます。

二つ目に、信用情報の確認です。新規申込みなのか、過去にどこかで取引をしていたかどうか、また延滞をしていないかどうかというチェックがあります。

三つ目に、居住地や勤続年数のチェックがあります。アパートやマンション住まいか一戸建てかということや、現在の仕事について何年なのかによって、それが安定性の確認になります。転居や転職の多い人はこの点に引っかかっている可能性があります。その際、担当者が、在籍確認の連絡をすることがあるので、くれぐれも虚偽の申告をしないようにしましょう。

最後に、見落としがちなのが、申込用紙の不備です。審査については、細かいところもありますので、いくら審査基準を調べたところで、あなたが借りることができるのかどうなのかは、申し込みしてみるまでわかりません。審査基準よりも大切なのが、どこで借りるのかということです。

最初は、名前を聞いたことがある大手で、安心できすぐに借りるところにに申し込みましょう。そこで、審査に通らないようであれば、他の賃金業者や消費者金融を検討したり、相談してみることをおすすめします。

【参考ページ】
カードローン審査に通れない人はこちらもご参考に

新着記事
カテゴリー
ページトップへ