> > > 安心で低金利!そんな銀行カードローンは審査厳しいですか?

安心で低金利!そんな銀行カードローンは審査厳しいですか?

お金を借りる事があったとしても負担を少なくしたいので低金利で借りたいですし、安心できる企業で借りたいと思っています。消費者金融もクレジットカード会社も安心できる時代になってきましたが、金利は気になるところです。となれば銀行しかなくなってしまうのですが、やはり銀行カードローンは審査厳しいですか?収入が少ない、他社からの借り入れもあるとなると厳しくなるでしょうか?また、銀行複数掛け持ちなど無理ですか?

銀行だからってみんなが思ってるほど厳しくない!

銀行って敷居が高いイメージがあって、どうしても審査が厳しいと思われがちですが、みなさんが思っているほど厳しくはありません。銀行によって審査基準は様々ではありますし、ご利用になるカードローンの種類によっても基準が変わってきます。例えば何にでも使えるカードローンと住宅ローンでは、同じ銀行であっても基準が違います。消費者金融やクレジットカード会社とそれほど変わらない場合だってあるんです。

なので、消費者金融の審査に落ちたのに何故だか銀行の審査には通ったって事もあります。同じ銀行でも使い道自由なカードローンの審査に落ちたのに住宅ローンなら通ったなんていうちょっと不思議な話まであります。自分でどんなに審査に不利だと思っていても、極端な話、自己破産をしたばかりの時期であったり、仕事もしていなく全く収入がなかったりなど、明らかに審査に落ちるであろう事がない限り、ほんの数万円でも収入があれば、銀行であっても消費者金融であっても、どこでも審査を申し込みしてみないと結果は分からないのです。

収入が少ないからと言って、銀行でのお借り入れができない原因にはなりません。総量規制の対象外でもあるので、年収の3分の1に限られるわけでもありません。だからと言って、たくさん借りれるのかと言えばそうでもないのですが…。自分の収入に対して、無理のない範囲であれば収入が原因で審査に落ちる事はないでしょう。アルバイトやパートでもOKという銀行も増えています。社員として働いているなら問題ないです。ただ、最低限の年収を条件にしている銀行もあるので、そのような銀行では最低年収を超えていなければいけません。

銀行から借り入れをしているのに、別の銀行に申し込みをするのは問題ないと思います。ただ、貸して貰えるかどうかは審査次第ではあります。銀行であってもなくても、他社からの借り入れとして審査されると思うので、その他社が銀行だから有利、銀行だから不利などはないと思います。カードローンとは少し違うのですが、住宅ローンはA銀行、自動車ローンはB銀行と違う銀行で契約している人も多いです。

銀行の掛け持ちも含め、他社からのお借り入れが既にある場合でも、審査に通る事はたくさんあります。ただ、他社からの借り入れがある分、借りる人にも返済額が多くなる負担もありますし、貸す側も返して貰えなくなるかもしれないリスクがあるので、審査が厳しくなる事はあるでしょう。

ですが、他社からの借り入れが住宅ローンなどの目的ローンであったり、それほど大した金額でない場合は、そこまで心配しなくても良いかと思います。収入から住宅ローンなどの返済を引いても、他社からの借り入れの返済を引いても、まだ余裕があるならば貸して貰える可能性は充分にあります。すっごい余裕があるのに審査に落ちてしまったのなら、収入以外の原因の方が多いでしょう。申し込みしないと分からないので、金利が低い方が良いなら銀行に申し込みしてみてはどうでしょうか。

大手銀行カードローンは審査厳しいですか?

大手銀行がカードローン事業に力を入れて、集客を増やしています。それで利用者が増えていて、それだけ審査が通る人が多いということで、審査が甘いと思われている人が多いと思います。しかし貸金業は審査を甘くすると延滞者が増えて、逆に収益を圧迫します。だから安易に審査を甘く出来ません。

そして銀行カードローンは融資の返済の保証を保証会社がするシステムでして、融資は最後に保証会社が保証するかしないかでの審査で決まります。それで延滞されると保証会社が代位弁済するシステムなので、延滞率が高くなればその分保証会社が損をします。だから保証会社は審査を甘くするようなことはしません。

保証会社の保証料からいって、審査を甘くするようなことは出来ないです。だから銀行カードローンは審査厳しいですか?と聞かれれば審査が厳しいと答えます。厳しくしないと保証事業が赤字になって、商売にならなくなります。

大手銀行がカードローン事業に力を入れているのは利益率が高いからです。利益率が高いから宣伝に力を入れているわけです。そして今まで只の銀行子会社だった保証会社が同じ子会社でも大手消費者金融になって、今までで保証出来なかった人まで保証できるようになったから、昔と比べると飛躍的に融資出来る人が増えました。

そうやって今まで借りられなかった人まで、借りられるようになったから審査が甘くなったような感じに見えます。そういう点では厳しくなくなったと言えます。しかし多重債務者には相変わらず厳しいから、借りられる人が増えただけで、本質的な厳しさは変わっていないということです。

大手銀行カードローンは審査厳しいですか?と聞かれると、消費者金融は在宅確認を無しになってきたのに、銀行はまだ続けて入るし、増額でも在宅確認という感じで、貸し出しを受けられる人が増えてきてるとはいえ、根本的な部分は相変わらず厳しいので、大手銀行カードローンの審査はまだまだ厳しいといえます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ