> > > 銀行カードローンが通らない理由は、教えてくれないのですか

銀行カードローンが通らない理由は、教えてくれないのですか

先日、銀行カードローンに申し込んだのですが、どうやら審査に落ちてしまったようです。しかし、肝心の理由が分からなければ、対策の施しようもありません。銀行カードローンが通らない理由は、教えてくれないのですか?カードの契約は今回が初めてです。

銀行に限らず、消費者金融も同様です

カードローンの審査は、銀行や消費者金融、合否に関わらず、理由を明らかにすることはありません。憤る気持ちは痛いほど分かるのですが、ご自身の経緯や状況を今一度鑑みるしか手は残されていませんので、一旦気持ちを落ち着けて、原因を探ってみましょう。まず銀行カードローンの審査に落ちる理由で特に多いものが、他社との契約状況です。

実際に融資を受けていなくても、銀行の審査担当者は契約上の融資限度額を確認しますので、万全を期すならば、お申し込みの前に解約をしておきましょう。完済が難しいのであれば、借り換え…つまり債務の一本化という選択肢も御座います。借り換えを目的としている場合は、銀行の担当や弁護士などに相談をして下さい。

それ以外にも入力内容の不備や、(自己破産等の経験者ならば)事故情報の履歴など、注意を払うべき点は多々ありますが、上記の点さえクリアしているなら大丈夫です。ただ、幾ら銀行が総量規制の対象外とはいえ、あまり融資限度額が多いようではいけません。とりあえずは審査を通ることを目標にし、低めに申請しておきましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン審査が心配…受かり方を教えて!

銀行カードローンが通らない方に多い問題点とは

銀行カードローンが通らないというケースには、共通した問題点が考えられます。銀行系のサービスは個人信用情報機関の情報を重視して融資を提供する為、この個人情報の登録状況に問題点がある場合には、審査に通りにくくなります。この登録状況で問題が無ければ、比較的短時間で審査結果が出ることになりますが、万が一残高の不足や、過去の借入での延滞が登録されているようなケースでは、審査に不利な条件として扱われてしまいます。そのため、事前にこれらの要因の有無を確認してから、サービスに申し込みを行う事が重要になります。

また、銀行系のサービスの特徴としては、勤続年数が審査に影響を及ぼすケースが多々あります。これは審査に有利に作用する期間があり、一般的なサラリーマンの方の場合は、一年から三年程度の勤続年数が必要になります。この条件を満たしていれば、審査では有利な条件として扱われる事になり、スムーズに審査に通過出来る事が多いのです。これは転職などが少なく、勤続年数が長いことで、安定した収入があるとみなされるためで、返済能力にプラスに働く要素となるために、審査が通りやすくなります。

また、多くの申込者の方は、カードローンの審査では年収が高ければ有利な条件になると考えている事が多くなりますが、収入が高くても勤続年数が基準を満たしておらず、転職を繰り返しているような場合には、審査に不利な条件となる事もある為に、予めこのようなポイントを理解しておく必要があるのです。
(⇒カードローンと年収の関係性についてもっと詳しく!

そして、カードローンの審査では、申し込みの件数が審査に影響を与える事もあります。短期間に複数件の融資に申し込むと、貸し出しを行う金融機関に金銭的な問題がある可能性を推測させてしまい、返済能力に疑いをかけられる要素となります。そのため、カードローンの申し込みでは、短期間に複数件の申し込みを行う事は回避する事が必要で、慎重にサービスを見極め、申し込みを行う事が重要なのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ