> > > 厳しい審査のカードローンって、一体どんなサービス内容なの

厳しい審査のカードローンって、一体どんなサービス内容なの

カードローンには厳しい審査の業者も存在するようですが、ホームページを調べてみても、メリットがイマイチ分かりません。厳しい審査のカードローンって、一体どんなサービス内容なのですか?審査の緩いカードローンよりも、確固たるメリットがあるのでしょうか?

長期的に見れば、銀行系から融資を受けた方がお得です

カードローンの審査にも難易度が存在し、一般的にはヤミ金業者、街金、消費者金融、銀行系といった順で難易度が上昇していきます。まずヤミ金業者についての説明は必要ないでしょう。確かに審査は必要最低限の簡素なもので、その場しのぎは可能かもしれませんが、金利や取り立ては法律を大きく逸脱したものですし、個人情報も何らかの形で悪用されてしまいます。決して関わりを持たないようにして下さい。

街金は、地元の新聞などに広告を出している零細の業者です。中には悪質な業者もある為、こちらも軽快をしておくに越したことはありません。

さて、重要なのが残る2つです。消費者金融は融資を受けるにあたって最もポピュラーな選択肢で、テレビやインターネットで積極的な広告展開をしている為、お馴染みの業者も多いのではないでしょうか。銀行系は三菱東京UFJ銀行のバンクイックや新生銀行のレイクといった、銀行が提供するカードローンとなります。一見同じように見えますが、消費者金融と銀行系には幾つかの違いがあるのです。

その最たる例が、金利となります。基本的に銀行系の方が低金利で、融資額が多ければ多いほど、銀行系の方がお得です。また、銀行系は金利の適用条件(幾らから幾らまでに何%の金利が適用されるか)を公開しており、賃金業としての姿勢もフェアと言えます。(こちらもご参考に→銀行系カードローンの特徴を教えて!

業者としての安定性や、提携ATMの数・種類といった細かなメリットは双方に御座いますが、長期的に見れば、消費者金融よりも銀行系から融資を受けた方が賢い判断だと言えます。銀行系に大きなデメリットがあるとすれば、「審査が厳しいこと」自体がそうだと言えるでしょう。
(⇒審査が甘いカードローンをお探しの方はこちらへ

審査に通りやすいところより厳しい審査のカードローンに申し込むメリット

審査が通りやすいカードローンを探している人は多いでしょう。というのは、お金を借りるための審査というのは何回も受けたくないし、出来れば最初の申し込みで通るのが一番いいと考えている人が多いからです。審査に落ちて、別の貸金業者に申し込むというのを繰り返すと、ファックスなどで送れる場合を除き、身分証明書のコピーをそのたびに用意しないといけませんし、また、勤務先への在籍確認の電話も審査のたびにかかってくるということになります。なので、最初に申し込みで通った方がいいわけです。そのためには、審査に通りやすいカードローンがいいと考えるわけです。

では、厳しい審査のカードローンに申し込み、融資を受けるメリットはないのでしょうか。これは、いくつかあると言えます。まず、審査が厳しいということは、それだけ申込者の属性を厳しく見ているということです。カードローンの審査は属性にスコアを付ける形で行われますが、審査に厳しいカードローンは、基本的にその点数が他社より高くないとカードを発行しないということになります。

それはつまり、確実に元金と利息を合わせて返済出来るような人のみに融資するということになります。もし、実際にそういう客ばかりを集められたら、貸金業者はお金を貸すリスクが低くなります。なので、貸すお金に対する利率を引き下げることが出来ます。なぜかというと、貸し倒れの損失や督促にかかる費用などを少なく出来るので、その分、顧客サービスに回せるからです。

なので、厳しい審査のカードローンは低い利率で利用出来る可能性が高いと言えるでしょう。実際、銀行のカードローンと消費者金融のカードローンを比べると、利率は銀行の方がやや低めということが多いです。これは、銀行の審査が消費者金融の審査よりも厳しいということが考えられます。したがって、もし、審査の通りやすいカードローンに申し込む積極的な理由がないのであれば、厳しい審査のカードローンにまず申し込んでみた方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準についてもっと詳しく!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ