> > > 銀行カードローンの審査に通らない人はどんな人なんでしょうか?

銀行カードローンの審査に通らない人はどんな人なんでしょうか?

弟がカードローンを何度か過去に利用しているようです。今回新たなカードローンを申し込みましたが審査には通りませんでした。それで私にお金を貸してくれと言ってきたのですが審査に通らない人とはどんな人ですか。弟はやばい状況なのでしょうか。

審査に通らない一番の原因は過去の借入歴です

弟さんはおそらく今まで何度もカードローンから借入をしてすでに総量規制いっぱいまでお金を借りてしまっているか、過去に返済が遅れたことがあり信用情報に傷がついてしまっている可能性があります。通常カードローンの審査では年収、勤務先、勤続年数、過去の借入歴などを審査します。年収が高い方が借入額も多く有利ではあるのですが、アルバイトやパートで年収が低いからと言って審査に通らないというわけではありません。低いなら低いなりに少額の借入ができます。

また勤務先ですが大手企業や公務員は確かに属性が高く有利ですが、安定した収入があれば中小企業でも問題ありません。では一番審査結果を左右するのはどのような事柄なのでしょうか。

一番審査を左右するのは過去の借入歴です。過去の借入歴とは返済の遅れや債務整理、自己破産などを指します。これらの返済事故が信用会社を通して全て記録されています。申込の際に過去の借入歴に関して虚偽の申告をする人が稀にいますが信用情報を見ると一目瞭然なので隠すことはできません。

また同様に他社から多額の借入をしている場合にも信用情報に載ってしまいます。借入額がすでに年収の1/3をオーバーしていればそれ以上の借入はできません。銀行のカードローンの場合は総量規制は関係ないといっても年収に見合った金額しか貸してくれないと思います。おそらく質問者様の弟さんは過去に返済トラブルがあるか、すでに多額の借金をしているのかのいずれかだと思います。

かなりやばい状況にあるかどうかということですが、それはわかりません。もし過去に返済トラブルがあっても完済後5年経てば記録から消えるといわれています。多額の借金がある場合でも現在の法律では年収の1/3までしか借入できませんのでとてつもなく高額な借入があるとは考えにくいです。きちんと計画的に返済していればいつか完済できると思います。

やばい状況と言えるのはヤミ金に手を出している場合です。法律が整備された現在でも多重債務者を狙ってブラックでもOK審査なしなどと宣伝している違法な貸金業者が存在します。そのような会社は見るからに怪しいのですが中にはお金がないのでヤミ金と分かっていても借りてしまう人がいます。もし借入をしてしまったら素人ではなかなかたちうちできませんので法律の専門家に相談することをおすすめします。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

銀行カードローンで審査に通らない人の共通点

銀行カードローンを申し込んでみたけど審査が通らずにがっかりしている人がいます。次に信販会社のカードローンを申し込むと審査に通るので、銀行は審査が厳しいんだなと思いがちです。しかしそのような人は、通ったはずの信販会社のカードローンでも融資限度額がかなり少ないはずです。両者の審査基準に著しい差はないので、何か問題点があるのです。

銀行カードローンの審査に通らない人の共通点として、その銀行に取引をあまりしていないことと、他の無担保融資があることが挙げられます。よくアルバイトや派遣の仕事をしていると銀行は相手にしないと思われがちです。確かに職業により銀行側も審査のスコアを調整しています。しかしその要因は巷で言われているほど高くはありません。職業が何であれ、貸金が回収できれば融資するのです。

銀行の審査は貸金回収可能性を第一に考えています。リスクを取らないと言われていますが、正にその通りでそのことを知らないと銀行の融資には通りません。銀行取引が多いと融資上有利であると言われますが、取引が多ければ資金が多く入ってくるため、貸金回収可能性が高くなるという要因があるのです。単に取引が多いから優遇しているのではないわけです。

このことを知っていれば、銀行カードローンで審査に通る人になるための対策は難しくありません。銀行で口座を持っていることは最低条件ですが、その口座を給与振込口座にすることで銀行側の信用度はかなりアップします。一度審査に落ちた人がこの対策を実行しただけで審査に通っているのです。貸金回収をいかに重視しているかがわかります。

また、銀行は取引の多い顧客を優遇します。ダメ押しの感もありますが、少しでも審査で有利にするために、公共料金やクレジットカードの引落をこの銀行に変更することで審査上上乗せが可能になることがあります。最近はクレジットカードを発行している銀行も多いため、使っていないクレジットカードを解約して変更することも一つの方法でしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ