> > > 銀行カードローンでは審査通らない理由ある?

銀行カードローンでは審査通らない理由ある?

消費者金融Aの借入残高34万円、消費者金融B社の借入残高63万円、消費者金融C社は完済済みで現在借入残高0円の状態です。ちなみにC社の利用限度枠は50万円あります。月々の返済額は合計で3万5千円となっています。今は主人の扶養に入っているのでパートで月々8万5千円の収入があります。年収にすると103万円以下を目指しています。

この状況で、金利の低いところへ借り換えをしたいと思い銀行カードローンに申し込みをしました。ところが結果は否決。銀行カードローンでは審査通らない理由があるの?あるなら理由を知りたいです。

返済能力不足が審査に影響して否決

現在の借り入れ金額は合計で97万円ですね。しかし、C社にも借入可能な利用限度額50万円があるので銀行が審査をする時にはこの50万円も足した147万円の借入れがあるという風に判断をします。現実には借りていなくても、いつでも借りることが出来る金額は利用していると見なされます。そのため、銀行カードローンの審査ではA社、B社、C社の借入限度額の合計金額が他社借入れ金額として判断します。

一方、あなたは夫の扶養に入っているというコトですので年収を103万円以下に抑えたいようですね。そうなると返済能力で考えると借入れできる金額の目安は銀行でも年収の三分の一としています。そのため、103万円の年収では借り入れできる金額は34万円となります。そうなると返済能力が不足しているということが分かりますね。既に借入れしている金額が返済能力を超えているとなると審査に通らない理由は明白ですね。
(⇒カードローン審査が厳しい銀行はどこ?

銀行カードローンで審査通らない理由について

安定した収入があればキャッシングをすることができます。消費者金融でも銀行のカードローンでもそれは同じなのですが、消費者金融の場合には総量規制があるために年収の3分の1以下の額しか借り入れができないという決まりがあります。銀行のカードローンの場合はその規制はないので各銀行が定める上限額に従って借り入れをすることができます。

しかし銀行ローンの場合最高限度額が高額な分審査も厳しいという状況もあります。借り入れを申し出たときには必ず審査があります。その審査通らないと借り入れをすることができません。銀行によっては専業主婦やパートでも借り入れができるのか、収入証明の書類が必要なのかなどの審査に必要と思われる内容を事前にチェックしておく必要があります。各金融機関のホームページやカードローンの一括比較などのサイトを事前に見て審査に合格できるような借り入れをする必要があります。

またカードローンの審査通らない理由としては、次のようなことが挙げられます。まず一つ目は借り入れの申込額が高額すぎる場合です。いくら上限借入額が高くてもその人の返済能力を上回る額であれば返済できる可能性は低いということで審査には通らないでしょう。次に他の金融会社からも借り入れをしている場合ですが、4社以上から借り入れをしている場合は難しいでしょう。

また収入があるということで勤務先や勤続年数を記入することになるのですが、勤続年数が一年以内だと返済期間の間にまたやめる可能性がある、安定性がないとみなされてしまいます。

そして意外にも今までにクレジットカードも持たず借り入れをしたことがない人も審査通らない理由になるのです。過去にブラックリストに載ったような人も5年経過すると白紙に戻るのです。クレジットカードなどの借り入れをしたことがない人も白紙状態です。その二つが同じようにみなされるため現金主義だった人は気を付けなければならないのです。

さらに審査通らない理由としては申し込み時に記入した時の記入ミスや必要書類の不備などが挙げられます。お金を借り入れるときにはこれらのことを確認してから借り入れることです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ