> > > カードローンがくめない!それは何が原因ですか!?

カードローンがくめない!それは何が原因ですか!?

カードローンがくめない!そういう事態があるとは思っていませんでした。けれどもカードローンがくめないということが先日あったのです。自分の中では全くどういう理由なのかわからないんですけれども、カードローンがくめない場合というのはどういうことがあるんでしょうか。私がくめない理由というのは何があるんでしょうか。

ちょっとこちらでも心当りがないのでぜひ教えてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

カードローンがくめない理由はいくつも存在するだろう

カードローンがくめない理由というのはいろいろな理由があって、何も情報がない中では「これが原因です」ということは言えません。ですのでよくある理由であり、あまり心当りがないという人でももしかしたらというような物がありますので、それをいくつか列挙していってみたいと思います。なので、それを見て「これかもしれない」と思ったら、対策をしてみてください。

まずよくあるのが収入が少ないという場合です。パート・アルバイトだったり新入社員だったりすると、収入が少ないのでくめない場合があります。また、職業によってくめないというところもあります。正社員でなければダメというところもあり、自営業者では借りられないところもあります。

次に考えられるのが消費者金融や銀行系カードローンに返済し忘れている債務がある場合です。その場合には返済をしない限りはブラック状態になってしまうので、返済を先にしてしまいましょう。任意整理などで残っている可能性もありますので問い合わせをするのもいいと思います。

もう一つは他のローンが圧迫している場合です。自動車ローンや住宅ローン、教育ローンといった借金をしているのであれば、その借金が影響してカードローンの審査で落ちてしまっている可能性があります。住宅ローンや自動車ローンを借りている業者や銀行に相談をした方がいいでしょう。

他にも保証人になっているというような場合もありますし、幾つもの理由はありますがよくあるのはこの辺りです。ですので、これらの理由に当てはまるのであれば改善しない限りはカードローンを組むことは難しいと思ってください。

【参考ページはこちら】
カードローン審査に通れない場合、どんな対策を練ればいい?

カードローンがくめない場合の対処法について

カードローンがくめないで困ってるという方もいらっしゃるかもしれません。カードローンがくめないというのは、カード会社の審査に通過できないからです。利用する資格を満たしていないということであり、資格を満たせるようにしなければ審査に通過することはできません。

また、カードローンがくめないというという人は、特に審査の厳しいカードローンにばかり申込みをしているのかもしれません。カードローンにも銀行系と消費者金融系があり、このうち銀行系については審査が厳しいといわれています。属性が低いうえに審査の厳しい銀行系に申し込むなら、カードローンをくむことは難しくなるでしょう。したがって返済能力が低い方にとっては、消費者金融系のカードローンをあたってみることをお勧めします。

消費者金融系のカードローンでも利用のための審査はありますが、銀行系よりは審査が甘いといわれています。また審査時間が短いという特徴があるため、即日借入を行うことができるメリットもあります。そのようなわけで、カードローンがくめいないで困ってる方には、銀行系よりも消費者金融系のカードローンが有効です。

とはいえ、どんなカードローンを利用するにも審査は通過しなければなりません。どんな会社の場合でもそうですが、審査では返済能力がチェックされます。返済能力のチェックは、年齢、年収、勤務先の規模、勤務年数、居住形態、信用情報などの属性によって分かります。審査のポイントは返済能力の有無なので、年収は多ければ多いほどプラスポイントになりますし、勤務先も大きいほど審査に有利になります。

勤続年数については、長ければ長いほど収入の安定性があると判断されるので審査では有利になります。ただし、過去に金融事故を起こした経歴があると利用ができない場合があります。また、他社からの借入が多い場合でも審査を不利にすることがあります。信用情報は申告しなくても個人信用情報センターを通じてチェックされます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ