> > > カードローンの審査が降りない理由はなんなのか

カードローンの審査が降りない理由はなんなのか

35歳、契約社員の独身男性です。生活がきつくて、カードローンを申し込むのですがいつも審査に落ちます。何が原因で審査に落ちるのかわかりません。誰か理由を教えてください。

一度に複数申し込みしていませんか

いつも審査に落ちる・・・ということは、いくつかの会社に申込みをしているんですよね。一度に複数の申し込みをしたり、あるところで落ちたから次はここ、と短い間に申込みを繰り返していると、消費者金融などはその履歴が全部わかりますから「よほどお金に困っている人」と認識され、返してくれないリスクの高い人と思われるので審査に通らなくなります。一度に申し込んでいいのは3社までですから、3つ落ちたらもう後はどこに申し込んでも通らないとあきらめて、しばらく時間を空けた方がいいです。

では、そもそもなぜ初めの会社で審査に落ちたのか。契約社員には貸さない会社だった、年収に対して借りたい希望額が高かった、他にも借り入れがあった(車のローンなどもあったらダメです)、クレジットカードなどで延滞履歴があった、自己破産や任意整理をしたことがあった、などは審査に通りません。心当たりはありませんか?

これでも心当たりがない場合は、そもそも審査の厳しい会社に申込みをしていたのかもしれません。契約社員でも、転職が多かったりしませんか?年齢が高いのに勤続年数が短いと転職をよくする人=安定した収入がない人と思われて審査上はよくありません。審査が厳しい会社はこういう小さい条件の積み重ねのうえ、総合的判断で「不可」になります。審査が厳しいところは金利が安いので、そういう会社だった可能性は高いですね。

今後、カードローンを組みたいのであれば、まずは以前の申し込みから1か月空けてから申し込みをしましょう。その場合、ネットで調べれば審査のゆるい会社が出てきますから、金利が高くてもそういう評判の会社を選ぶといいでしょう。また、今給与口座や光熱費の引き落としでお付き合いのある銀行があれば、そこで申し込みをしてみるのも一つの手です。銀行は金利が安いけど審査は厳しめ、でもこれまでのお付き合いを重視してくれますから、延滞したことがなければ堂々と申し込んでみましょう。

【参考ページはこちら】
銀行カードローンに通らない理由は教えてもらえないの?

カードローン審査が降りない主な理由と対策

カードローンを利用可能にする為にはカード会社に利用申請をする事になります。カードローンは誰でも利用出来るという訳ではありません。カードローンの仕組みは、カードを発行して24時間いつでも利用限度額の範囲内でお金を借りる事が出来るという仕組みになっています。つまり一度発行してしまえば、カードさえあれば後は利用者の意志でお金を借りる事が出来るようになります。

もし利用者が悪質な利用者であった場合には、カード会社は思わぬ損失を受ける場合があります。カード会社にとっての悪質な利用者というのは、返済期日を過ぎても借りたお金を返済しない利用者です。お金は借りたら返さなくてはなりません。しかも、元金に金利を上乗せした金額を支払わなければならないので、借りた時よりも多く返済しなければならないです。という事は、努力をして必要以上にお金を返す努力が出来る人をカード会社は選ぶという事になります。

審査は仮審査と本審査があります。仮審査はインターネット上で、もし本審査を受けたら通るのかどうかをコンピュータがシミュレーションしてくれます。方法は、年収や勤続年数等の経済的情報や他社からの借入額を入力するだけで数秒で診断してくれます。これは人間が診断している訳ではないので、仮に嘘を記載しても基準以上の数値であれば通る事になります。
(⇒カードローンの仮審査についてもっと詳しく!

しかし、この後の本当の選考では嘘を書いていては許可が降りないです。厳正なチェックの元で担当者が顧客情報を調べ上げます。過去に光熱費を滞納していればそういった事も知られてしまいます。滞納を過去にしている場合にはカードローンの使用許可は降りません。これは、もしお金を貸しても返って来る保証が無い為です。今までに滞納をしていないのであれば社会的信用は高いと言えます。しかし、これだけでは許可は降りません。他社からの借入額が0か少額である必要があります。こちらの借金にまで手が回らなくなる可能性があるためです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ