> > > 専業主婦がカードローンを借り入れする時の上限てあるの

専業主婦がカードローンを借り入れする時の上限てあるの

専業主婦の方でもお金が入用な時は必ずあるものです。例えば、友人との食事やショッピングなど、特に、急にそんな場面に遭遇したりする場合です。

そんな時、専業主婦がカードローンを借り入れする時の上限てあるのでしょうか?

銀行系以外のカードローンを利用する場合は総量規制により、個人の借入は年収の3分の1までに制限されています。この場合、無収入の専業主婦の方は、まったくお金を借りることができません(”配偶者貸付”を除いて)。一方、銀行系のカードローンを利用する場合は総量規制はありません

そんな総量規制にももちろん例外があります。それが「配偶者貸付」です。これは、”夫婦の年収の合計の1/3までの金額を借り入れることができる”というものです。

例えば、夫の年収が、400万円で妻の年収が200万円の場合、600万円の1/3、つまり200万円までなら借り入れが可能です。

しかし、その代りといってはなんですが、配偶者貸付でお金を借り入れる際は、通常のキャッシングの申込みの時は必要ない書類をいくつか提出しなければなりません。それは以下のようなものです。
・配偶者の同意書(「信用情報を提供すること」「お金を借りる契約をすること」への同意)
・住民票または戸籍妙本 (事実上の婚姻であれば未届の記載があること)
・配偶者の収入証明 (借り入れ額によっては必要)
これらから分かるように、配偶者の同意書が要るので、「夫(妻)に内緒でお金を借りる」なんてことはできなくなっていますね。

特に、消費者金融では「配偶者貸付」は難しいです。消費者金融では、夫と妻の双方に安定した収入がないと「配偶者貸付」を受けられない場合が多いようです。また、提出する書類が多く、業者側も確認する手間とコストが増えてしまうため、配偶者貸し付け自体を縮小、または中止している業者が多いのも現実です。

また、「配偶者貸付」を行っている業者でも、かなり慎重な審査が行われると考えておいたほうが良さそうで、融資会社によって、以下のような様々な条件があるようです。

A社:配偶者の同意だけでなく、契約者に安定した収入があること
B社:契約者に安定した収入があること
C社:契約者に収入がない場合、新規での契約は不可
D社:契約者に安定した収入があること

これを見るかぎり、契約者本人に安定した収入がないと借入不可な業者ばかりですね。パート、アルバイトでも収入があれば審査可能なので、働いている方であれば申し込むことは可能です。銀行系の場合、総量規制が適用されませんが、一部、配偶者貸付制度の内容が適用されています。この時、総量規制の対象にならないため、年収で限度額が決定するわけではありません。

銀行系カードローン会社の融資条件には以下のような様々な条件があるようです。

A社:契約者に収入がなくても配偶者に収入があればOK(上限30万円)
B社:契約者に収入がなくても配偶者に収入があればOK(上限30万円)
C社:契約者に収入がなくてもOK(上限50万円)
D社:原則契約者に安定した収入があること(専業主婦もOKの場合もある)
E社:契約者に安定した収入があること(収入ゼロの専業主婦はNG)

信販系は消費者金融と同じ部類になるため、総量規制が適用されます。配偶者貸付を利用する場合、夫婦の年収を合算した額の3分の1を超えない範囲で限度額が決定されます。しかし信販系においても、消費者金融と同じように、契約者本人に収入がないと申し込むことができない業者が多いようです。

カードローンの借り入れ上限のアップと変動

カードローンはカードさえあれば、24時間いつでも近くのコンビニATM等からお金を借りる事が出来る便利なシステムです。勿論借りれるお金には限度があります。この制限を無くしてしまうと多重債務者を増やしてしまうことになり、会社にとっても借したお金が返ってこないという事になり損害になります。お互いのためにもこの借り入れ上限の適切な設定は必要不可欠となってきます。

この借り入れ上限の金額は会社によって設定方法が違います。悪質な会社であれば、自分の年収を大きく越える借り入れ上限を設定しています。これは利用者にとってはより多くのお金を貸してくれる優良な業者に見えます。しかし、実際は自分の会社の利益の事しか考えておらず、返せなくなればきつい取立てをして資産を差し押さえようという考えの業者です。つまり利用者を破産に導く業者であるということです。

人はお金が必要になった時は冷静な判断が出来なくなります。とりあえずお金を確保したいという気持ちから、そういった業者に引っかかってしまう事も出てきます。出来るだけ事前にそういう事を知っておいて冷静な判断が出来るようにしておきたいところです。(こちらもご参考に→カードローンを選ぶ時は様々な金融機関を比較してから

一般的なカード会社の借り入れ上限は約50万円です。これは利用者の年収と比べて、この額であれば完済する事が可能だろうと判断される数字であり、実際に年収の4分の1以下である事が大半であるので生活費等の事を考えても上手く工面していけば完済は出来る金額です。

この上限額に関してはカード会社が決める事になりますが、何度も借りて完済を繰り返していると勝手に上限額を増やしてくれる場合があります。これは、ちゃんと借したお金を返してくれる優良な利用者であると判断された為であり、金利もしっかり収めてくれる利用者はカード会社にとっては良い顧客という事になります。自分で申請する際には年収のアップが条件となっているので、昇格した時を目処に申請してみる事がお勧めです。

【参考ページはこちら】
銀行カードローン申込みのとき、上限額が不満だったら?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ