> > > 上限金利が低いカードローンってどこ?

上限金利が低いカードローンってどこ?

カードローンでお金を借りたいと思っています。借りるならば、できるだけ多く借り入れて金利が低いところがいいのですが、上限金利が低いカードローンはやはり消費者金融よりも銀行でしょうか?それよりも低いところや金融会社などがあれば教えて頂けないでしょうか。よろしくお願い致します。

上限金利が低いカードローンってどこ?

消費者金融よりも銀行の方が低いですね。信用金庫や地方銀行のカードローンも金利は低いですね。金利は利息制限法という法律により規制されています。利息制限法による金利は、元本の額が10万円未満の場合は20%、元本の額が10万円以上100万円未満の場合は18%、元本の額が100万円以上の場合は15%と決まっており、その範囲内で設定されています。
(⇒上限金利が安いカードローンってどこ?

銀行は低めに設定されていますが、消費者金融は上限に近い金利が設定されていますね。金額が大きいほど金利が低く、金額が小さいほど金利が高いのはバランスを取るためですね。金利が低いところを選ぶのであれば、とにかく銀行カードローンにされることをお勧めします。

ネットバンク系のカードローンは消費者金融のように審査も通りやすく金利は消費者金融よりも低いのでいいと思います。借り入れの際、金利を気にされるならばもう一つ気にしておく必要があるのは、ATMなどの手数料がかかるかどうかですね。手数料がかかるところはせっかく金利が低くても手数料で余分にお金を使うことになります。できるだけ手数料がかからないところを選ばれた方がいいでしょう。

上限金利が低いカードローンのさがし方について

ローンには事業向けと消費者向けがあり、また別の分け方では、不動産などを担保にしたローンと無担保のローンがあります。資金の用途による分類(事業向けと消費者向け)では、広い意味では住宅ローンや自動車ローンも消費者ローンに含まれますが、一般に消費者ローンといった場合は、カードローンのように資金使途の制限がないものを言うことが多く、以後この説明の中で消費者ローンの定義はそうします。カードローンは、あらかじめ設定した限度額の範囲内で、繰り返し借り入れと返済を繰り返すことができる利便性が特徴です。(こちらもご参考に→カードローンの上限に関するオススメ記事

ところで、ローンの借入可能額・返済期間・金利などの条件は、借り手の返済能力や信用状況、それの裏腹の関係にある貸し手の回収リスクを反映して決められます。回収が確実であるほど金利は低く、リスクが高いほどリターンにあたる金利も高くないと、貸し手がいないのが理由です。たとえば、元本保証の銀行預金は金利が低くても預ける人がいますが、リスクのある投資はより高い利回りやリターンを約束しないと投資してくれる人はいません。

そこで、上限金利が低いカードローンとは何かを考えると、貸し手にとってのリスクが低いローンです。たとえば、他の借入の担保になっていない不動産があれば抵当権を付ければ、万一返済が滞っても確実に回収できるためローン金利は低くなります。カードローンに不動産を担保にすることで、不動産の資産価値を信用に変えて、低金利での資金調達ができるのがメリットですが、反面、抵当権の設定には登記費用が掛かる、自分で住んだり、人に貸したりすることはできるが、売却はできなくなるなどのデメリットがあります。メリットとデメリットの比較が必要です。

その他、カードローンの利用可能額は借り手の貸し手の信用を反映して決まります。そのため、同じカードローンでも、上限10万円の人よりも上限100万円の人、実際の借入額ではなく、より多くの限度額の人に低い金利が適用されます。複数のカードローンを利用して、限度額30万円のカードが3枚あるよりも、一か所でまとめて、限度額100万円のほうが金利は低くなります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社、どうやって探せばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ