> > > 銀行カードローンの申し込みの時、上限額が不満だったら?

銀行カードローンの申し込みの時、上限額が不満だったら?

38歳、本屋を経営しているユキチです。親の代からやってる、街の小さな本屋です。最近は、大きな本屋やネットでの販売に押されて、経営はかなり厳しいです。

そこで、ちょっとリフォームを考えています。本屋とカフェを併設して、ブックカフェにしようと考えています。そう言う付加価値を付けないと、もう普通の本屋さんには生きる道は無いと思っています。

流石に、そのリフォームのお金はぽんと出せる金額では無いので、銀行のカードローンを利用しようと考えています。取引先の銀行のカードローンを利用しようと思い、申し込みましたが、審査自体は通りましたが、上限額が少し予定したよりも下回っています。これって増額を申し出る事は出来るんでしょうか?教えてください。

収入証明などの書類の再提出が必要ですが、増額希望は出せます

ユキチさん、本屋さん経営お疲れ様です。確かに、街の本屋さんって結構厳しいみたいですね。昔からある様な小さい本屋さんはよっぽどの事が無い限りは、生き残るのは難しいのではないでしょうか?私の近所の、小学生の頃に良く漫画雑誌を買っていた様な本屋さんは、いつ潰れてもおかしくないぐらい、人が入ってるのを見た事がありません。でも、何だか応援したくなってしまうんですよね。

さて、ユキチさんのお店も、これからはブックカフェとしてやっていくと言う事で、とても素晴らしいと思います。ブックカフェって良いですよね。本好きとカフェ好きが同時に楽しめる素敵な空間、是非作ってください。

そして、本題の質問ですが、これはやはりリフォームに必要な金額が融資では足りないと言う事でしょうか?確かに、せっかく融資を申し出たのに、それでは意味がありませんものね。普通の消費者金融は、借りてすぐの増額申し込みは難しいですが、銀行カードローンの場合は、出来る可能性があります。

但し、収入証明などを再提出して、ユキチさんの返済能力をある程度、銀行側に示す必要があると言う事になります。でも、一度チャレンジしてみてください。ブックカフェへのリフォーム、終わったら、お店に立ち寄らせてもらいますね!

【参考ページはこちら】
カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

銀行カードローンの申し込みで上限額が気になるなら

銀行カードローンの場合、他のカードローンに比べて上限額が大きいというメリットがあります。上限額については、審査に通ることさえできれば、それなりの額を設定して貰うことができます。

申し込みをする人物の信用度に応じて、上限額は決まってきます。年収が高いことだけが条件ではありません。(こちらもご参考に→年収が低いとカードローンは不利?)どのような職業についているのか、勤続年数はどうなのか、他からの借り入れが現在あるのか、過去の借り入れ状況や返済状況はどうだったのか、などについて調べられます。

年収を見るときには額だけを見られるわけではありません。安定した収入があることが大切です。安定してそこそこの額を毎年稼いでいる方のほうが、収入額にバラつきのある高年収の方よりも高い評価を得ている可能性は高いです。安定して返済してくれるかどうかを見られます。

職業としては、公務員のように安定している職業の方のほうが評価が高いです。学生や主婦でも銀行カードローンの審査に通ることはできますが、上限額については低く設定されています。

信用度においては、勤続年数は長ければ長いほど評価されます。

他社からの借り入れの状況や過去の利用についても見られます。過去に支払いでトラブルがあると上限額が低くなります。審査に通ることも難しくなるため、注意が必要です。また、申し込みの数についてもチェックされます。一ヶ月に何箇所も申し込みをしたりすると信用度が下がってしまうため、上限額が低く設定されてしまいます。

銀行カードローンを利用したいのであれば、あまり何箇所にも一度に申し込みをしないほうがよいです。要らぬトラブルを招くことになるからです。信用度を見られますので、年収の額が低いからといって不利というわけではありません。むしろ携帯料金のうっかり支払い忘れなどのほうが信用度を下げてしまって不利になります。

上限額が気になるのであれば、信用度を上げていくようにしましょう。信用度が上がることにより、上限額を上げることも可能です。借りたらキチンと返すことはもちろん、公共料金の支払いなど他の支払いについてもうっかりミスをしないように注意して信用度を下げないようにすることが大切です。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ