> > > 銀行で設定されたカードローンの利用上限額が不満なのですが

銀行で設定されたカードローンの利用上限額が不満なのですが

この前近くの銀行でカードローンの契約をしました。私は35歳でまだ若輩ではありますが、年収は600万円を超えています。したがって例えば総量規制を例にとっても200万円程度は借り入れられてもおかしな話ではありません。ところが実際にもらった利用限度額は60万円でした。私の信用なんてそんなものなのかとしばらく落胆していたのですが、どうしても不満が残るので改めて他の銀行で申込みし直そうかとも思っているところです。

ただこの金額は単なる銀行側のミスという可能性も有りますし、私には自分も知らない信用問題が潜んでいる可能性も有って、他への申込みは今見合わせているところです。そこでこれまで金融取引で何か問題が有ったかどうか思い出してみたのですが、特に思い当るものは有りませんでした。あとは銀行のミスですが、それも考えにくいと思います。そこでお聞きしたいのですが、私の銀行で設定されたカードローンの利用上限額は適正なものなのでしょうか。

最初に設定される利用限度額はそう高く設定される事はありません

あなたはかなり自信家のようですが銀行はそう簡単にはミスはしません。あなたが設定された利用限度額は適正なものです。収入から少なすぎるのではと言うことですが、銀行はわざと少なくしているのです。理由はこれまであなたとお付き合いをしたことが無く、あなたの信用が未知数だからです。高い収入が有っても、それに合わせて支出が大きくなっていれば返済に回せるお金は少なくなります。したがって銀行は申し込み時点では返済能力の点であなたを信用していません。

しかしお金を貸すのが銀行の業務ですから、貸さない訳には行きませんし、新しい顧客を得るためには融資は必要です。そこでまずは金額を少なくして利用してもらうことにする訳です。この少ない状態で借りたり返したりが問題なく行える様であれば、次はもう少し金額を大きくしても良いだろうと言うことになります。そこであなたに必要なのは、ここで不満を抱いて利用しなかったり他の銀行のカードローンに手を出したりすると銀行は不信に思うことになりますから、その点注意することです。

ですから暫くの間は適正な利用を進めることが重要です。適切に利用を続けていれば、短ければ半年ほど、最近では長くなる傾向が有るので1年程度と言うことも有りますが、利用限度額が増額できるようになります。今は不満でも信用さえ築いていけば銀行は必ずそれにこたえてくれますから、不満ばかり言っているのではなくて適正に利用するにはどうすれば良いのかとかもう少し前向きに考えるようにして下さい。利用限度額が低くなるのはあなただけではないのですから不満は捨てましょう。

あなたの場合注意が必要なのは、その過剰とも思える自信です。カードローン程度で不満を抱いていたら、今後多くの局面でもっと大きな不満を感じるようなことに遭遇した時、対応できなくなってしまいますよ。そういう場合も不満を抱くのではなくて、その状況を切り抜ける方法を考えた方がずっと建設的だと思いませんか。若輩とは言っても35歳はもう立派な社会人です。もう少し腹の座った考えで世の中を渡っていくようにして下さい。

【参考ページはこちら】
カードローン会社を選ぶときは自分に合ったところを

銀行カードローンの上限額の決め方から学ぶ

カードローンは一度利用可能にしてしまえばとても便利なカードです。利用上限額の範囲内であれば24時間いつでもコンビニATMから借入れすることも可能になります。つまり緊急事態が起こったとしてもすぐに対応する事が出来るという事です。人生はとても長くいつそういった事態に見回られるかはわかりません。そんな時のためにも作れるときに作っておくことが大切です。

カードローンには利用限度額が設定されています。これは利用者の年収や信用情報に基づいて、どれほどの金額までであれば滞納する事なく返済する事が出来るのかということを想定して決められています。つまり年収が高ければ高い程に上限が上がる事になります。(こちらもご参考に→上限金額が上がるほどカードローン審査は厳しくなる?

しかし、いくら年収が高くても社会的信用度が低ければその分上限額も低く設定されてしまいます。社会的信用度が低い時点でカードローンの利用許可が出ない場合もあるので、それでもカードを利用する事が出来る場合には運が良かったと思って、これ以上利用限度額を増やそうとしない事が無難です。

そういった申請においても記録に残ってしまいます。あまりにも何度もそういうことを繰り返すと信用情報に傷が付いてしまい、クレジットカードの作成や他社でカードローンを利用するときの審査に影響が出てしまいます。信用情報は審査において大部分を占めているので、この情報に傷をつけないように振舞う事が大切です。

銀行カードローンの利用限度額の決め方の基準としては、消費者金融の審査の基準を超えています。かなりシビアに上限額を決める事によって、出来るだけ滞納や未返済を無くそうとしています。その為に滞納はおろか年収が少し増えた程度では上限を上げることは不可能に近いということになっています。

しかし、そういった慎重さによって利用者が守られているともいえます。利用限度額が増えればそれだけ借りれる事になるので、つい借りてしまって金利が膨れ上がるという事態を防ぐ事が出来ます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ