> > > カードローンの借入の上限を引き上げる方法を教えてください

カードローンの借入の上限を引き上げる方法を教えてください

この前、カードローンに申し込みをし、無事に審査も通りました。手元にカードも届きました!今回申し込みの際、借入の上限を10万円にして申し込みをしました。あまり多すぎて、調子にのっても怖いし・・・。でも、ふと思ったのですが、この借入の上限は増やす、引き上げるということはできるのですか?今すぐ引き上げたいというわけでは無いのですが、将来的に引き上げることも検討していこうかなと思っています。

カードローン会社からの評価を上げておきましょう

審査も無事に通り、手元にカードも届いたということでおめでとうございます。いよいよこれからカードローンを実際に使うのですね。返済計画をきちんと立てたうえで、上手にカードローンを使っていってください。

というのも、将来的に借入額の引き上げを考えているのならばカードローン会社からの評価を上げておかなければなりません。引き上げる際も、申し込みと同様審査がありますから、そこで評価が低ければ引き上げは難しいでしょう。まぁ、普通のことですね。では実際に、どんなことがカードローン会社からの高評価に繋がるかご案内しますね。

まず、必ずキャッシングをすることです。カードローンはもしもの時の為に申し込んでおいた、という人もいるかと思います。この場合はカードが手元に会っても使わずに過ごしている人がほとんどです。しかし、貸す側からすれば、借りると言ったのにどういうことだ?と思うでしょう。そうですよね、カードローン会社だって商売ですから、お金が回らないことには会社が成り立ちません。なので、申し込みをしたら使う、これがあなたの評価を上げる第一歩となります。

そして次は、きちんと滞らずに返済をすることです。あたりまえのことを言っていますが、返済日を忘れていた・勘違いしていた等、遅れてしまう人がいるのも事実です。やはり、借りた以上はきちんと返すのが筋ですし、期限を守ることで信用も築かれます。当たり前のことですけど、当たり前を続けるのは難しかったりもしますよね。でも、引き上げを考えているのであれば、この当たり前を確実に続けていってください。

最後に、できる事なら年収が増えているといいでしょう。借入額を決める時は、申し込み時の希望や年収によって決まります。転職をしてまで年収を上げてほしいとはいいませんが、1年後より2年後・2年後より3年後のほうが年収が上がっている可能性がありますよね。もし、昇進などするチャンスがあったらチャレンジをしてください。そして年収を上げておきましょう。(こちらもご参考に→カードローン審査に年収が関係するのは本当?

このように、申し込んだならきちんと借りて返してを繰り返していれば、カードローン会社からの評価は自然に上がっていきます。評価が上がると、上限を引き上げることができる可能性がよりあがるので、ぜひ実行してみてください。

【参考ページはこちら】
カードローンの上限に関するオススメ記事

カードローンの借入上限の引き上げに必要な条件とは

カードローンには利用限度額が設定されています。カードローンは一度発行してしまえば利用限度額の範囲内で何度でも借金をする事が出来ます。利用者はこの利用限度学を上回る金額を借入する事はできません。この利用限度額は情報に基づいて設定されています。利用者の年収や社会的信用度を計算して、この金額であれば滞納や未返済の可能性が少ないという設定額に設定されています。

つまりこの借入上限額を引き上げるには、自身の経済力や社会的信用度を高める必要が出てきます。年収240万円でカードローンの使用許可が降りた場合で考えると、借入上限の引き上げには年収260万程度にアップしたぐらいでは許可が降りません。年収260万円にアップという事は月給換算すると1万円から2万円程度のアップになります。その程度の年収アップでは、借入上限を10万円単位で引き上げする事はできません。その程度の年収アップでは10万円単位で引き上げた時に、その限度額まで借りてしまうと滞納や未返済無しに無事に返済してもらえる保証が無いからです。

そういった危険な賭けは金融機関や銀行は一切しません。厳正な審査をする事になるので、基準を上回るステータスでない限りは何があっても上限額を引き上げてくれる事はありません。利用限度額を上げてもらえる年収としては100万円アップが理想です。年収が100万円アップするということは月給に換算すると、一月あたり8万円程度の給料アップになります。この場合であれば借入上限を10万円上げる事も可能になります。
(⇒カードローンの増額手続きの方法を教えて!

これらの経済的な条件以外にも条件が存在します。それは今までカードローンを利用してきて一度も滞納をしていないかという事です。一度でも滞納をしたことがある場合には、その会社からの信用度はかなり低いです。会社としては信用できない人の利用限度額を上げる事にメリットは一切存在しないので、経済力の審査の前に落としてしまう事になります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ