> > > カードローンの上限額が上がれば上がるほど審査は厳しい?

カードローンの上限額が上がれば上がるほど審査は厳しい?

ちょっとした疑問なんですが、カードローンの商品説明書には「500万円まで」とか上限が書いてありますよね。でも、初めからそんな金額を貸してもらえることはまずなくて、パートアルバイトだと10万円くらい、正社員でも30万から50万円くらいからしか貸してもらえないと聞きます。

500万円まで借りようと思ったら、総量規制からいくと年収が1500万円くらいないとダメってことになりますが、やっぱり上限額が上がると審査は厳しくなるんですか?初めから100万単位で借りるのは難しいのでしょうか。

たくさん借りれば、返す額も多くなりますから審査は厳しいです

では逆にお聞きしましょう。年収100万円の人が借りる10万円と、年収1000万円の人が借りる10万円はどちらが重いでしょう。その人にとっての価値ではありません。お金を返すためにかかる負担が重いのはどちらかということです。年収100万円の人の月収がだいたい8万円くらいとすると、一度に10万円は返せませんね。でも、年収が1000万円の人は月収80万円くらい、一度に10万円返すのは難しくないと思われます。

お金を借りたい人がいて、その人に返していける能力があるかないかを調べるのが審査ですから、借りたい額が上がれば上がるほど、審査が厳しくなるのは当然です。たとえ年収が多くても、他からも借り入れがあれば全部合わせて返していけるのかどうかを審査しなくてはなりません。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準で上限額が決まるの?

また、今までもその会社で借り入れをしたことがあり、きちんと返済が終わっているような場合は「信用のある人」と認識されますから、希望額を借りられる可能性も高くなります。お金を貸す会社も商売ですから、何度も借りてくれる人が好きですし、借りたお金はきちんと返してもらわなくては困ります。それを何度も繰り返している人は「いいお客様」になりますから、今度もきちんと返してもらえると考えて、喜んで貸してくれるのです。

お付き合いのない会社では、初めから「100万円貸してください」といわれても、ハイハイと貸すところはそうありません。銀行で担保を差し出して借りるならすぐ貸してくれるかもしれませんが、担保に出すものは100万円以上の価値がなくてはなりません。借りたいという人の年収が1億円くらいなら返すのは問題ないでしょうが、そんなに年収のある人がたったの100万円を借りなければ出せないとなると経済状況を疑います。お金を貸すってそういうことです。

【参考ページはこちら】
年収とカードローンの関係についてもっと詳しく!

カードローン審査は信用度が上がれば上がるほど上限額も上がります

カードローン審査は信用度が上がれば上がるほど上限額も上がります。上限額を上げたいと考えているのなら、信用度を上げていく努力が必要です。信用度は年収が上がるだけでは上げることができません。返済の実績など、様々なことが関係してきます。トラブルを起こせば、信用度は下がります。信用を重ねていくことによって上限額を上げることができます。

審査の基準はカードローン会社により違いがあります。外からは分かりにくいことですから、年収のみで考えず、いろいろな部分に注意しておくと良いです。自宅が持ち家で長く同じ土地に住むことでも信用度は上がりますし、賃貸でも居住年数が長いことで信用を上げることができます。

仕事の面では正規雇用で一定の収入が安定的にあることが望ましいです。パートやアルバイトでも月々の収入が安定していれば、そのほうが信用されます。逆に自営業などの場合、収入が高いからといってそれがすぐに信用度に繋がるとは限りません。(こちらもご参考に→自営業者・個人事業者がカードローンを利用する場合

利用限度額については、申し込み時の契約のままずっと同じにしなければいけないわけではありません。後で上げることができます。契約をして使い始めてから、返済をキチンと行うことで上げることが可能です。実績を積み上げていく必要がありますので、申請を行うときには一年後や二年後などに行うほうが効果的です。

信用度が高くなってきた時点で、カードローン会社側からの案内があるケースもあります。最初から上限額を高く設定できなくても、後から上げることができます。最初から焦ってしまうことで審査を通らなくなることのほうが問題です。実績を作るためにも、まずは審査を通ってカードローンを契約するところから始めるとよいです。

カードローンを契約できなければ、実績を積み上げていくことができないからです。また、返済だけを頑張って行えば信用度が上がるわけではありませんので注意しましょう。他の支払いでトラブルがあれば、うっかりミスでも信用度に傷がつきます。携帯電話の料金や公共料金の支払いなどが滞るなど、支払いのトラブルが生じないように注意するとよいです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ