> > > カードローンの申込みして確認の電話はかかってくるもの

カードローンの申込みして確認の電話はかかってくるもの

先日結婚が決まって、エステに行きだしました。いろいろ出費が重なり、給料日までにカードローンを利用しようと思います。借りるのはこれっきににしたいし、会社や家族にも借りることを知られたくないのです。カードローンの申込み確認で電話は、会社や自宅にかかってきますか?

カードローンの審査で会社へ在籍確認の電話があります

すべてのカードローン会社ではありませんが、会社への在籍確認のため電話はかかってきます。電話がかかってくるときは、カードローン会社の社名を名乗るわけではなく、個人名で「OOさんはいらっしゃいましか」というように誰だかわからにようにかかってきます。今時は携帯電話が普及しているので、会社に個人的な電話はかかってきにくいかもしれませんが。そして在籍の確認がとれたら完了で信用が得られたら、審査も進んでいき借りられる可能性が高くなります。

電話でのやりとりの時間も数分で短く、申込者が不在でも在籍確認がとれればいいのです。あなたのように会社に知られたくない人は結構いるので、確認の電話が会社にはないところもありますが、その代わり会社に在籍が証明できるもの、社員証や給与明細、健康保健証など提出が要るでしょう。また今は個人情報保護からか会社へ電話しても在籍を教えてくれないところもあります。会社の在籍が証明されないと審査を通るには不利になります。ですので、確認とりずらい状況をあらかじめカードローン会社に相談しておくといいでしょう。

在籍確認の電話があるということは、審査がある程度進んでいろいろな審査要件をクリアしている段階かもしれませんのでできれば電話での在籍確認はクリアしたいですね。あとカードの申し込みなどして自宅に届く場合もあります。電話以外にも気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン会社から在宅確認の連絡もある?

カードローンでは審査の終盤に会社や自宅へ申込確認の電話がかかってくる

急なお金の不足に見舞われた時、銀行や消費者金融各社がサービス提供するカードローンであれば、簡単な手続きですみやかにお金を用立てることが可能となります。そもそもカードローンとは個人専用カードを事前発行して持ち歩くことによって、お金の必要性が生じた時にはすぐさま近くのATMに駆けつけ、そこで融資金を引き出すだけですべてのやり取りは完了。あとは毎月の返済計画にあわせて地道に返していくだけです。

このカードローンを契約するためには、規定の申し込みを行った上で金融会社側の審査を受けなければなりません。審査を受け付けてもらえるのは主に電話やインターネット、自動契約機、そして実店舗が近くにあればその店舗窓口でも可能です。これらで氏名、年齢、職業、勤務先、年収などの諸情報を伝えた上で、これらの内容を担当者が吟味して、融資の可否と限度額の選定を行うこととなります。
(⇒カードローンを利用しやすい職業って決まってる?

それに信用機関への問い合わせを通じて、申請者が過去に返済不能に陥ったことがないか、あるいは返済が滞ったことがないか、さらには短期間のうちに複数回に渡って審査落ちした経歴がないかをチェックします。これらの項目に引っかかることがあれば、ブラック扱いとなって融資は困難となります。

こうした過程の最終段階となって、今度は電話による申込確認が行われます。まずは自宅の電話番号へと連絡して、それが申請者の自宅であることを明確に確認します。さらに勤務先にも電話は及び、申請者がそこの会社に確実に在籍していることを確かめます。こうする入念なチェックによって、申請内容の真偽が確認できて、申請者が信頼に足る人物であるか否かを最終的に判定できるというわけなのです。

ちなみにこれらの申込確認の際に、仮に本人以外の家族が応答しても大丈夫です。そこでは金融会社名やカードローンのサービス名などを口にすることはなく、個人名を告げた上で申請者に電話を取り次いでもらえるかどうかを尋ねるだけで確認作業は完了します。それゆえ家族や会社の人には借り入れのことなどはいっさいバレることなく、すべての手続きを完了できることでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ