> > > カードローンは在籍確認のため会社に電話が来ますか

カードローンは在籍確認のため会社に電話が来ますか

新しく転職して間もないのですが、カードローンを申しこもうと思っています。会社に確認の電話がくると書いてありますが、どのような内容でしょうか?できればまだ日が浅い勤務先の人達にばれたくないのですが。

会社には在籍確認の電話がかかってきます

カードローンを借りる時審査を受けるのですが、申込書の職業や勤続年数や年収などの情報で安定継続した収入があって返済能力があるか見られます。それ以外に信用機関から取り寄せた情報で過去や現在の借入情報や返済状況なども確認され審査されます。それらがクリアして申込書に虚偽がないかなど勤務先に在籍確認されます。在籍確認はできなければ信用度が低くなり審査の結果に影響するでしょう。ですから在籍確認は審査に通るために避けて通れないですね。(こちらもご参考に→カードローン審査に通過するためのポイント

確認電話に内容は企業によっても違いますが、目的は本当に申込者がその会社に在籍しているか確かめたいわけです。時間は数分で終わります。かかってくるときは、カードローン会社を名乗らず、個人名でかかってきます。申込者本人が電話に出なくても会社の人があなたの在籍を証明することを言ってくれればいいのです。不在であれば、「OOは只今席を外しております」などで、在籍証明完了です。

ただ今は個人情報保護のためか、在籍を証明してくれない会社もあります。ほかの人に電話に出てほしくない時や、外回りが多くて会社にいる時間が少ないなどの場合、申込先会社に相談して、会社にいる日にちや時間を伝えておくと考慮してくれるところもありますよ。在籍確認の電話の代わりに、給与明細書や健康保健証や社員証で確認してくれる場合もあります。
(⇒在籍確認がないカードローンもあるの?

カードローンを申請後に会社に確認の電話がかかってくる理由とは

カードローンを利用したいと思って、カード会社や金融機関に申請を出した翌日に会社に電話がかかってきたという人がいるはずです。この電話によって迷惑をかけられてしまったという人もいます。これは、会社にカードローンや金融関係で何かを利用しているという事を知らされるのと同じです。

配慮として会社に電話する際には個人名を名乗ってかけてきます。しかし、多くの人は電話の内容を後から聞かれる事になり結局知られてしまうという事が多いです。カードローンはお金を借りているということであるので、人聞きが悪いです。

借金をしている人は信用出来ないと考えている人もいるので、利用は慎重にする事が大切になってきます。そういった時には、クレジットカードの限度額を上げようと申請をしたら電話がかかってきたと誤魔化したいところです。実際にはそういった連絡はありませんが、経験者でないとわからない事なのでバレません。嘘だとバレてもそれほど追求されることもありません。

そもそも何故会社に連絡をしてくるのかというと、これは本当に在籍していて働いているのかという確認です。カードを作成する時の審査に落ち続けている人は、次第に嘘の情報を提出して審査に通ろうと考える様になってきます。そういった時にはデタラメな社名を書いたりするので、存在していたとしても本人は在籍していないということがあります。そういった事を暴く為にもこういった確認は必要なことです。

そして連絡の際に社名を名乗ってしまうと、何回もかかってきて迷惑に感じる人がほとんどであるので、わからないように個人名で連絡してくるという意味も込められています。

カードローンは信用が一番大切な事であるので、こういった確認行為はお客様を疑うのではなく、これからより良い信頼関係を築いていく為にどうしても必要な事となります。カードローンとはお金のやり取りが絡むので信用と経歴が一番大切な事となっています。

【参考ページはこちら】
カードローン審査の在籍確認っていつ行われるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ