> > > 申請をカードローンですると電話する必要も発生する?

申請をカードローンですると電話する必要も発生する?

カードローンについてよく知らないのですが、カードローン契約では電話する必要があるのでしょうか?

カードローン契約では電話する必要があります

必要のありなしについては、あるというのが一般的な回答となっています。また、どのようなケースであればなしなのかというと、他にローンを組んでいるなどのケースがそうです。そのようなケースでは、先に他のローンで本人確認がされていたりしますので、カードローン契約では電話する必要がなかったりもします。また、カードローンでは必要なのですが、次のようなケースでは不要となってもいます。

不要なケース1は、「クレジットカード契約」です。クレジットカードについては、本人確認だけでよいものがあるのですが、電話をこちらからしないでも契約の際に電話がかかってくるようになっています。また、そのような本人確認を別の方法で対処するというのも可能となっているので、カードローンのように電話連絡が必須となっているわけでもなかったりするのです。

不要なケース2は、「収入証明書の提出があるケース」です。こちらをされていると、電話連絡については不要となっているサラリーマン金融も存在します。また、カードローン契約では電話する必要があるとなっていますが、既に提携先の業者でカードローンされている場合に、他のカードローンを同系列で申込む場合には簡易的な記入をネットで行うだけで、後の作業については免除となるサービスもあります。

【参考ページはこちら】
固定電話なしだとカードローンは申込めない?

カードローンの申請の際にカード会社が勤務先に電話するのは何故か

カードローンはとても便利なシステムです。一度カードを発行してしまえば、限度額の範囲内でいつでもコンビニATM等からお金を借りる事が出来ます。緊急事態であってもすぐに対処する事が出来るので、普段利用しなくても一応持っているだけで安心感があります。

そんな便利なカードローンを利用するには各金融機関の独自の審査が必要になってきます。これは利用者の信用度を計る為の重要なものであり、これによって信用に足る人物かどうかを判断されることになります。信用出来ない人物にお金を貸すという事は、お金を捨てるのと同義であり会社の信用も落としかね無いので審査はとても大切です。

審査の基準は年収や勤続年数、毎月安定した収入があるかという事ですがこれらの基準が超えていれば作れるという訳ではありません。必ず本人確認が必要となります。これは本人確認書類の提出だけでは、確認した事にはなりません。本当にその会社に勤めていて収入があるのかという事を確認する事になります。

その方法が勤務先に電話するという事になります。実際に電話をする事によって、その会社に在籍しているのかという事を知る事が出来ます。これは、誰が電話に出てもその人物の在籍を確認するだけの場合もあれば、実際に本人に電話を代わってほしいと言う場合もあります。これは会社によって方針が違います。

実際に本人に代わる事によってより信用する事が出来ます。在籍確認だけでは、友人等に口裏合わせを頼んでおけば難なく回避する事が出来ます。その様に回避されない為にも、その場で本人に代わってもらう事が大切です。この際にはカード会社である事は言われずに個人名を名乗ります。

その理由としては、個人の都合で業務中の会社に電話がかかってくれば迷惑になるという理由の他にもまだあります。それは利用者のプライバシーの問題です。お金を借りている事が周囲の人間に知られる事になれば、利用者のプライバシーを侵害してしまった事になるからです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ