> > > 郵便物が一切ないカードローンは存在するのか

郵便物が一切ないカードローンは存在するのか

お知らせや連絡は一般的に電話かハガキでとられます。重要かつ正確性を求められる場合はハガキの様な形の残るものでお知らせがくるので、最近まで、郵送物はカードローンを申し込んだ際にはハガキや書類が届きます。

現代は、パソコンやスマートフォンがあるので、紙情報でお知らせしなくても明細や、申し込み完了通知を受け取ることができます。なので、逆にいうと、パソコンやスマートフォンなどの電子機器が使えなければ不便極まりないのです。

カードの申し込みの際もパソコンやスマートフォンで行うので、入力の不備がある場合もあります。重要な事がボタン1つで決定されてしまうので、十分な注意が必要です。なので郵便物が一切ないカードローンは存在します。データ社会の進化が進んだため、重要な情報もIDやパスワードがあるので、ある程度守ることができます。郵便物では実体があるので、見ようと思えば誰でも見る事が容易いです。完全に安全に情報が守られるとは言えませんが、紙で保管するよりは無くす心配もないです。

しかし、特別重要なお知らせの場合はハガキで届きます。それは督促状です。郵便物が届くことが嫌であれば、返済計画を立てて、毎月の支払い期限を守ることが絶対条件です。きちんと返済ができればお金を借りる事が完全に悪い事ではない。なので、周りの人たちにお金を借りているということを知られる必要がないので、そのリスクを減らすために郵便物は送られないのです。これが今のやり方です。

郵送物が一切ないカードローンってないのかなぁ

カードローンは便利な資金調達手段ですが、家族に知られたくないものでもあります。自分のお小遣いの不足分を調整する手段としてカードローンを利用しているお父さんも多いのですが、家族に知られると下手に心配をかけてしまうので、できるだけ内緒にしておきたいのです。お父さんだけではなく、専業主婦の方にとっても同じことが言えます。

そのため郵送物が一切ないカードローンがあると便利です。そのようなカードローンは難しいのかなと思われがちですが、大手信販会社で無人機での手続きをすればカードを送付されることはありませんし、最近は利用請求書を発行する代わりに、ネット上で明細を見ることができるようになっています。つまり郵送物が届くようなことはないのです。もちろん支払遅延があれば督促状が届くでしょうが、そのようなことがなければいいのです。

このようなカードローンは利用者側の要求でもありますが、同時に信販会社側の利益にもなっています。郵送料は案外高いもので、特にカードを送付する際には本人限定型郵便等の特殊郵便での送付になります。当然82円の普通郵便よりはかなり高いコストがかかります。それより無人機などで発行した方が確実に手渡しできますし、コスト安です。そのため、最近の信販会社は郵送物がなくなっています。郵送物が来ることを心配していても、何も来ないのでかえって心配になる人がいるほどです。しかし、ネットで確認できれば郵送物の必要はないわけですから便利な世の中になったものです。

昔はあらゆる書類を紙の形で送付していたので、郵便が必需品でした。しかし最近のようにペーパーレスの時代になると髪を使うこと自体が少なくなります。郵送物が一切ないカードローンがあるといいなと思っていても、実際にはほとんどの大手信販会社がそのようなカードローンを発行しているのです。そして利用者だけではなく、信販会社側も大きなメリットを受けているのです。

【参考ページはこちら】
カードローンを郵送無しにしたら家族にバレない?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ