> > > 銀行のカードローンは勤務先に電話が来ますか?できれば避けたい

銀行のカードローンは勤務先に電話が来ますか?できれば避けたい

銀行系のカードローンの契約をしてみたいと最近考えてます。と言うのも、今まで消費者金融しか使ったことがなくて、銀行系のも使ってみたくなったからなんです。銀行系だと金利が安かったりしますよね。その分、審査が厳しいようではあるんですけど、今まで消費者金融系を使ってる時に返済に遅れたりしたことがないので大丈夫じゃないかな?って感じです。

とりあえず申し込んでみるカードローンはもう決まってて、大手の銀行が扱ってるやつです。消費者金融に比べて金利が安いので驚きました。でも返済とか、消費者金融に比べるとちょっと不便かな。そういうとこが違って面白いですね。どっちも良いところと悪いところがあるんだなあって。便利なところと不便なところって言った方がいいんですかね?

それはともかく、消費者金融の時は審査で勤務先に電話がかかってきたんですけど、あの時、職場の人にバレないかかなり心配だったんです。今回はできればそういうのを避けたいんですけど、そういうのってできますか?悪いことをしてるわけじゃないのは分かってても、お金のことってあんまり他人に知られたくないんで…自分以外の人が電話に出たらすぐ分かっちゃうじゃないですか。何とかならないですか?

在籍確認は必ずあります!でも職場の人にはバレません!

最近は初めてのカードローンを消費者金融系から入る人が多くなっています。CMなどでよく見かけるということに加え、実際に利用してみると便利で、昔のように悪いイメージがないということが分かるからでしょうか。借り入れや返済がしやすいという点は、銀行系のカードローンよりも優れているかもしれませんね。やはりお金の貸し借りに専門業ですので、そういった面が発達したのでしょうか。

返済に遅れたことがないのなら信用情報の蓄積は問題ありませんし、銀行系が審査が厳しいという話があるとはいえ、大丈夫なのではないかと思います。もし心配だったら、今借り入れている分を申し込み前に完済しておきましょう。他社借入分はあってはならないわけではないのですが、やはり少なければ少ないほど審査での印象は良くなるものです。

問題は在籍確認の電話ですね。これ、嫌がる人が本当に多いんです。確かにお金の話って微妙ですから、悪いことをしているわけではなくてもちょっと意味も無く後ろめたくなったりとか……そんな気持ちも分かります。しかし在籍確認が審査の重要なポイントですので、無しにするわけにもいきません。

一番良いのは、前もって(申し込みの時に)銀行側に「何時何分に電話して欲しい」と伝えておくことでしょう。時間を指定し、その時間の電話には必ずあなたが出るようにすれば、在籍確認の電話を他の人に出られる心配がありません。自分で出ても在籍確認には全く問題がないので、この手段を使う人がほとんどです。

しかし、元々職場の人にバレる心配はほとんどないと言っても大丈夫です。電話をかけてくる時、相手は金融機関の名前を名乗らないようにしているからです。やはりお金が繊細な問題だと分かっているわけですから、顧客のプライバシーを徹底して守ってくれるわけです。金融機関や消費者金融の名前を出さず、個人の名前でかけてきますので、安心して電話を待つことができると思いませんか?

もし個人名だとセールス電話と思われて取り次いでもらえない……という場合でも大丈夫です。電話に出た人が「今はいません」「取り次げません」と言えば、「この会社にいるのは本当だ」と証明されるからなんです。あまり深く考えなくても問題ないと思いますよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査基準ってどうなってるの?

銀行のカードローンの審査は、自宅や勤務先に電話で在籍確認がある

カードローンは、専用のカードを作っておけば、いつでもすきなときにATMなどからお金を借りることのできるサービスです。外出先などで突然お金が必要になった時などにも簡単に借りることができるなど、急な出費にも安心です。
カードローンを利用するためには、業者からの審査に通らなければなりません。銀行系のカードローンの多くは、審査の際に業者から在籍確認のために勤務先や自宅へ電話がかかってきたり、収入を証明する書類の提出を求められる場合もあります。

在籍確認の際に注意したいことは、会社の電話番号を記入する場合、直通の番号ではなく自分が勤めている支店の、代表の番号を記すことが原則とされています。また、派遣社員の場合は派遣先の企業の番号ではなく、派遣元の番号を記すようにしましょう。

在籍確認の電話により、周囲の人々に自分がお金を借りようとしていることが知られてしまう可能性があります。誰にも知られたくない、在籍確認なしで審査を済ませたいという場合、在籍確認の代わりとなるようなものを提出する方法があります。例えば、会社が発行している免許証や健康保険証、給与明細、社員証などがそれにあたります。これらは、その会社に勤めていなければ手に入らない、明らかにその会社の社員であると証明できるものなので、場合によりますが電話連絡が必要ないと判断されるケースもあります。

そのほか、業者にお願いして会社名を出さずに個人名で連絡をしてもらったり、細かい時間を指定しておくなどの配慮は金融機関も対応してくれますので相談してみるのもよいでしょう。

カードローンは気軽に借りることができるため、借金をしているという感覚のないまま借りすぎてしまう人も少なくありません。利息が知らないうちに膨らんで、返せないようなことになっては大変です。常に頭の片隅に返済のプランをたてて、無理な借り入れをしないよう注意しながら利用するようこころがけることが大切です。
(⇒自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ