> > > 自宅は困る!カードローンの利用明細書が届かない方法って?

自宅は困る!カードローンの利用明細書が届かない方法って?

カードローンで借り入れをすると、自宅に利用明細書が届くと聞きましたが、家族には内緒で借り入れをしたいので、いい方法があったら知りたいです。

WEB明細の利用が可能です

カードローンを利用すると、自宅に利用明細が届くことになりますが、契約時に拒否することができます。WEB上で借り入れ額や借入残高などを確認できるシステムが整っているので、金融機関に依頼しましょう。

WEB明細は大手金融機関で採用しているところが多く、ネットの会員ページからファイルをダウンロードするだけなので、パソコンやスマートフォンでの管理が可能になります。

貸金業法では「借り入れの事実を第三者に知られてはいけない」という規定があるため、自宅に利用明細書が送られても、差出人が貸金業者とは分からない「事務センター」や「会計処理班」などの記載がされているので、安心です。

ただ延滞すると督促状が頻繁に送付され、電話連絡もありますし、1ヶ月以上の延滞には取り立てもあるので、注意が必要ですが、夜間に大勢で押しかけたり、乱暴行為、勤務先への訪問、家族や第三者への取立ては禁止されています。

延滞は3ヶ月以上続くと、長期延滞者として、政府が法人化した信用情報機関に登録されるので、5年間はカードローンやクレジットカード、各種ローンの申し込みができなくなります。それでも借り入れが必要なときには、中小の消費者金融がお勧めです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の選び方を教えて!

カードローン自宅に届かない場合はカードを発送した会社に連絡すべき

カードローンの審査に通ったという連絡があったのに、カードが自宅に届かないというのは困りごとです。カードは暗証番号がないと使えず、すべてのパターンを試そうとしても、ATMで何回か間違えればロックされて、その日はもう引き出すことは出来なくなりますし、毎日のようにロックされていれば、カード会社はカード自体を無効にする可能性が高いです。というのは、契約者以外の人物がカードを持っているのではと考えるからです。

なので、郵便物がなんらかの理由で第三者に渡ってしまい、その人がカードを勝手に利用しようとしてもまず大丈夫だとは言えますが、個人情報は流出したということになるので、それは問題です。なので、カードローン自宅に届かない場合は、銀行、消費者金融など、カードを送付した会社に連絡をしましょう。そうすると、カード会社がいろいろな確認を行います。まず、送付先の住所が正しかったかどうか。これについては、データが残っているはずなのですぐに確認出来るでしょう。

次に確認するのは、郵便物がきちんと配達されたのかどうか。カードが入った郵便は、一般的に書留で送られます。書留の場合、郵便物がいつ、どの郵便局に届き、そして通過していったのかということが記録されています。なので、途中までは記録があるけど、そこから先がないという場合、最後に記録が残っている郵便局にあると考えられます。また、配達局までの記録はあり、その先がないという場合は、配達局にあるか、あるいは郵便局員が配達途中に紛失したといったことが考えられます。

配達が完了していて、印鑑かサインも受取証にあるという場合、宛先とは別の住所に配達し、そこに住んでいた人が受け取ってしまったということが考えられます。郵便局員は書留の場合は名前を読み上げて確認しますが、たとえば、受け取る人が寝ぼけていた場合は、よくわからないまま返事をして印鑑を押してしまうということがあり得ます。
(⇒郵便物が一切届かないカードローン会社ってあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ