> > > カードローン返済の督促電話無視し続けると、結果どうなる?

カードローン返済の督促電話無視し続けると、結果どうなる?

督促電話がかかってきました。もう、三回ほど無視しています。実は、先月借りたカードローンの返済をしていないんです。今月入る予定だったアルバイト代が、会社の都合で未払いになってしまったんです。そのお金で返済する予定だったんですが、もらえなければ払えません。そんなこんなで、返済日を過ぎてしまって、この度の電話です。カードローン会社からのこの電話、当然借金を返せ!という電話ですよね。怖くて出れません。このまま、督促電話を無視し続けると結果どうなってしまうんでしょうか?

カードローンの督促電話を無視し続けると、ブラックリストに載ります

借金の返済日に返済が出来ない理由は、お金が手元にないからでしょう。だからと言って、無視することは出来ません。カードローン会社と利用者は、お金を借りたら返すという契約をしているからです。そして、予定日に返済されていない時、カードローン会社はまず利用者に電話を掛けます。多くの場合、携帯電話が多いと思います。そして、それでも出ない場合は、勤務先に電話をしてきます。この場合も、個人名などを使いますので、一定の配慮はしてくれています。
(⇒カードローンの在籍確認に関するオススメ記事

それでも、返済が滞ったり連絡がつかない時、カードローン会社は実家に電話をするのです。会社としては、返済がされておらず、電話に出ない以上、連絡が取れる場所に電話を掛け続けます。ここで、ひとつ勘違いしないようにしなければいけません。カードローン会社の電話を掛ける目的です。あくまでも会社側は、返済が滞っている原因を知りたくて、電話を掛けるのです。借金を返せ、というストレートな目的の電話ではないことをまずは、頭に入れておきましょう。

ですので、まず返済していない利用者がすべきことは、電話に出て返済が滞っている原因をキッチリ伝えることです。そうすれば、返済日を延期出来ないか打診することが可能になります。もちろん、遅延金などは発生しますが、ブラックリストに載ることは避けられます。もし、無視し続けて3ヵ月以上経つと信用情報機関のブラックリストに掲載されます。そうなると、その後5~10年くらいの間は、クレジットカードや各種ローンの審査にほとんど通らなくなります。

いずれにしても、延滞した時の連絡は無視してもいいことはありません。個人の信用にお金を貸しているカードローン会社なら、なおのことです。一つ裏技として、返済日に全額払えなくても、金利分だけ払うという対処法もあります。その場しのぎではありますが、次の月の返済日まで金利分だけでOKしてくれる会社もあります。

カードローンからの電話無視し続けることは問題ないか

カードローン会社からは、様々な理由で電話がかかってくる可能性があります。どのような内容の電話かというと、たとえば営業の電話です。貸金業者と契約した時、契約書の内容に営業の電話をかけるかもしれないというものがあれば、一度、お金を借り入れしたが既に完済して、それからまったく使っていないという客に、金利が下がったのでもしよかったらまた使ってくださいという内容で電話がかかってくることがあります。

勿論、こうした内容の電話は断ることが出来ます。営業自体を断るのではなく、電話をかけてこないでほしいと言うことも出来ます。他には貸金業者からの問い合わせの電話がかかってることもあり得ます。

たとえば、キャッシングで利用するカードを落とした客に電話をする可能性があります。カードには、拾った人に対して、もし拾ったら連絡してくださいという内容のメッセージが書かれていることが多く、拾った人がその内容に従って貸金業者に電話をかけると、業者はカードの持ち主に連絡をするようになっています。

一番、かかってくる可能性があるのは督促の電話です。返済が遅れている人に対して、返済日が過ぎていますが忘れていませんかと教えて、もしそうであれば、いつ返済してもらえるのかを確認する内容になっています。営業の電話は無視しても問題ありませんが、督促電話無視し続けると、やはり問題があります。この客とは連絡が取れないということになり、回収部署に回される可能性があるからです。

回収部署は、債務回収の専門部署であり、客が返済をうっかり忘れてしまっているとは考えません。返済が出来ない状態にあると考えます。なので、いろいろな方法を使って督促を行ってきます。督促状を送付してくるというのはその一つです。返済が遅れていればいるほど内容は厳しいものになり、たとえば、一括返済を求めたり、あるいは法的手段を取ると警告してきたりします。なので、そうなる前に客側から連絡を取った方がいいでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査通知は電話で来るの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ