> > > カードローンの中で、会社の確認電話が不要な商品はあるの

カードローンの中で、会社の確認電話が不要な商品はあるの

カードを作成する際、カード会社としても信用ある融資先かの判断に、申込書類に記載されている勤め先や自宅などに在籍確認を行う場合があります。しかし、在籍確認は勤め先に電話を掛けられるので、同僚や上司に感づかれて、不快な気分になる場合があります。

一般に行われる電話での在籍確認は、例えば、こんなに行われます。カード会社や消費者金融会社が会社名を伏せて、申込者が在籍しているかの確認をするために電話を掛けるのです。通常は、あたかも仕事などの用事があるかのように装い電話をしてきますが、「○○○○さんをお願いいたします」などと、フルネームで確認をすることや「どなた様でしょうか?」や「どんなご用件でしょうか?」などと聞き返しても、名乗らなかったりして、やり方に特徴があるため、「ははー在籍確認か」などと、周りの人で、事情をわかっている人には勘ぐられてしまい、不快な気分になったりします。

こんな不快な気分にならないためにも、カードローンの中で、会社の確認電話が不要な商品はあるのでしょうか?

キャッシングは、基本的にはどこも在籍確認は必須項目としてあるのですが、一部の消費者金融会社ではそれを免除しているところがありますので、そこを利用すればOKです

ただし、面倒な在籍確認電話がない代わりに、「指定された銀行の引落口座」、「健康保険証」そして「直近数カ月分の給与明細」など、揃えるべき書類は普段より多くなります。しかし、不快な気分になりやすい在籍確認が免除されますので、利用者にとっては非常にありがたいサービスです。

さらに、キャッシング会社にとっても、昨今の競争の激化を勝ち抜いて行くために、さまざまなサービスを付加的に揃えています。(こちらもご参考に→様々な金融機関から自分に合うカードローンを探すには

お金を借りる際、通常ならば利息が最初から発生しますが、「ある一定期間、無利息にする」というキャンペーンを行っているキャッシング会社があります。在籍確認不要に加えて、この無利息期間キャンペーンを上手に活用して、賢いキャッシングを行いましょう!

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認が嫌!対策ってある?

カードローン審査では会社の確認電話にて本人在籍の有無がチェックされる

もしも日常生活の中でお金が足りない事態に見舞われた時には、銀行や消費者金融の借り入れサービスを活用すると便利に不足額を補充できて大変助かります。特に手続きの簡単さや融資の迅速さなどの観点からすればカードローンは知っておいて損は無い金融サービスと言えるでしょう。事前に手続きを行って一枚の専用カードを保持しておくことで、何らかのお金が必要になった時にすぐに近くのATMに駆けつけて、簡単な画面操作を行うことですぐに融資金を引き出すことができます。

ただしこのカードローンを利用するにあたっては、金融機関の規定に則った申し込みを行い、その審査を受けなければなりません。おもにネットや電話や自動契約機などから申し込んだ個人情報は金融機関の担当者によって入念にチェックされます。この時に職業や収入といった項目から融資の際の限度額が決められ、なおかつ信用機関への照合を通じてその申請者がブラックリスト入りしていないかどうかを確認します。この時、もしも過去の借り入れで返済が滞っていたり、法的手段をとったり、または一時期に複数の借金申し込みを行って断られたりなどしているとブラック入りしているkな旺盛が高まり、融資審査の結果に響いてくることとなります。

さらに審査の最終局面において重要な手続きとして勤務先への在籍確認があります。これは申請時に記載した勤務先に申請者が本当に勤務しているかどうかを確かめるために行われるもので、会社の確認電話にて審査担当者が申請者の名前を持ち出して「代わってください」とお願いすることで、その反応次第で本当に在籍しているか否かの確証を得ることとなります。

こうした在籍確認に関して、多くの人は「会社の人に借金のことがバレるのではないか?」と不安に思うようですが、実際には電話の会話の中で借金について持ち出すこともなければ、カードローン会社名やそのサービス名を口にすることもありません。担当者はあくまで個人名にて電話をかけて電話の相手に取り次ぎを依頼するだけです。それゆえ、会社の人にバレることを心配する必要は全くないといえるでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ