> > > カードローン会社に電話して限度額を上げることができるの

カードローン会社に電話して限度額を上げることができるの

一旦、カードローンを借りていて、はじめの予想が外れ、思ったより、多くのお金が入用になった場合、カードローンの増額を申し込みたいと考える時がありますよね。このような時、カードローン会社に電話して増額審査を、簡単にパスすることはできるでしょうか?

基本的には、電話一本でのカードローン利用枠の増額は難しいですね。つまり、審査基準は新規申込時の審査と基本的に変わりませんので、クレジットカードでもキャッシング枠を増額する場合は、その都度審査をすることになります。

まず、カードローンの増額自体は、できないことではありません。しかし、カードローンはクレジットカードのショッピング枠のように、自動的に利用枠が増額したりはしませんので、かならず、利用者が申し込んで、その都度審査を受けることになります。だから新規の借入審査と思って対応する必要がありますね。

また、カードローンも、利用実績に応じて自動的に上限が上がっていくのではと甘く考えている方は、認識をあらためる必要がありますね。カードローン利用枠の増額も、審査基準は新規申込時の審査と基本的に変わりませんので、個人信用情報を照会して、利用歴の健全性と他社借入状況がチェックされることになります。

また、必要に応じてですが、収入を証明する書類を提出しなければならない場合もあります。例えば、増枠によって極度額が50万円を超える場合、他社の借入も合わせて利用残高が100万円超える場合は、収入証明を求められることになります。したがって、限度額によっては、新規申込で審査するより用意するものが多くなり、かえって面倒に感じるかもしれません。

こんなこともあります。いつも上限額目一杯の状態で、返してはまた1万円引き出すということを繰り返している方は、カードローンの増額はなかなか通らないと思います。また、一般的に言えることなのですが、現在利用してるカードローンで、返済が一度でも遅れたことがあると、増額は難しいということです。

このように、一見、柔軟に対応してもらえる審査が、期待できそうなカードローンの増額ですが、かならずしもそうではないということは理解しておく必要があります。

そして、気を付けなければいけないのは、一般的に、カードローンの金利は、利用限度額が低いと金利が高くなるので、50万円以下の少額融資を複数の金融機関で繰り返し借りている場合、かなり高めの金利で設定されている可能性があります。そのため、カードローンを複数社から借りている人は、どうしても金利が高くなる傾向にあります。

このような場合の対応策としては、カードローンを借り換えして一社にまとめることが有効です。これは、複数のカードローンの借り入れを、一つのカードローンにまとめることで、毎月の返済額が安くなる可能性があります。また、返済先が一つになることで、返済の手間も省けますし、しっかりとした返済プランが立てやすいなど、複数のメリットがあります。

また、このように、借り入れを一つにまとめることで、金銭的なメリットはもちろんですが、精神的なメリットも非常に大きなものがあります。このように、カードローンの増額は、一般に簡単ではありませんが、工夫しだいで、借入審査の壁の高さを低くすることはできそうですね。

【参考ページはこちら】
カードローンの増額に関するオススメ記事

カードローンの限度額を上げる審査の際には会社に電話がかかることもある

日々の生活の中でどうしてもお金の不足に困ってしまうことは少なくありません。そんな時に便利な方法として銀行や消費者金融が提供するカードローンがあります。これは事前に個人専用カードを発行しておくことによって、もしもお金が必要になったならば近くのATMまで駆けつける事で融資限度額の範囲内で自由に融資金を引き出す事が出来るというものです。銀行系のカードローンであれば銀行ATMを利用できますし、他にもコンビニのATMから借り入れることができるカードもあるので、大きなメリットを得る事ができるでしょう。

このカードローン利用においては事前の審査において職業や年収などを申告しなければなりません。それらの内容に照らし合わせてひとりひとりに借り入れの可否と融資限度額がもたらされます。もしもその後、カードローンを利用していく中でこの融資限度額の範囲では物足りなくなった場合、必要に応じて限度額を上げる手続きをとることができます。その方法は金融会社によって実に様々です。あるところでは電話相談にて連絡することで申し込みを受け付けてもらえますし、あるところではインターネットの公式サイトにある個人ページにログインすることで限度額を上げるための申し込みページへとアクセスする事が可能となります。

ただし、限度額を上げるためにはこの時に行われる審査をクリアすることが不可欠です。まずは限度額アップを認めるのに相応しい条件を備えていなければならず、そのためには年収のアップや転職による安定した職種への就職などの実績が必要となります。またはすでに同社の借り入れサービスを使い始めて半年以上が経過しており、その過程で借り入れと完済を繰り返していて金融会社からの信用度がある一定のレベルに達している場合にも限度額アップが認められる場合があります。

また、こうして限度額アップが認められると、再度、会社に電話があり在籍確認が行われることもあります。こうして勤務実態を改めて確認して、信用に足ると判断された場合にのみ、限度額を上げることが正式に認められるというわけなのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ