> > > カードローンの仮審査で職場に電話がかかってくる場合はあるのか

カードローンの仮審査で職場に電話がかかってくる場合はあるのか

カードローンの審査には仮審査と本審査がありますよね。職場に電話がかかってくるのは本審査ですか?仮審査で職場に電話がかかってくることはあるのでしょうか?仕事が接客業なため、忙しいと電話に出ることができないこともあるので、予めどのタイミングで来るか知っておきたいのです。

在籍確認は本審査で行われるので仮審査で電話はなし!

カードローンの審査内で在籍確認を行うときに職場に電話をかけます。そこで申込者の名前を出し、実際に働いているかどうかを確認するのです。これは本審査で行われますので、仮審査では職場に電話をかけることはありません。
(⇒カードローンの仮審査に関するオススメ記事

仮審査では前提条件である年齢や収入の有無などコンピューターでのふるい落としのような審査になります。逆に本格的に申込書の内容確認など人の手が入って行われる審査が本審査になります。そこに職場に電話をかける在籍確認が含まれているのです。

ご質問者様は在籍確認時に忙しくて出られない可能性があることが心配なんですね。接客業ということで店舗で働いているのだと思います。そうなると比較的お客様が少ない時間帯など把握されているのだと思います。そういう場合は、事前にカードローン担当者に相談することで時間の指定ができることもあります。

カードローン側としてもスムーズに本審査を進めたいと思っていますし、電話が出れない時間帯が職場によってあることは充分に知っていることです。なので、事前にその旨を相談することで柔軟な対応をしてもらえる場合があるのです。ただ、カードローンによっては対応を行っていないところもあるので、絶対に対応してくれるはずだと思い込むのはダメですよ。

【参考ページはこちら】
カードローンの仮審査と本審査、何が違うの?

カードローンの仮審査なら職場に電話はかかってこない

少し前まではカードローンに申し込みをするとすぐに審査が行われて、そしてその結果が通知されることが多かったのですが、最近では本審査の前に仮審査が行われることが多くなってきています。正式に申し込みをする前に、審査に通るかのかどうかを事前に知ることができるのです。

カードローンに申し込みをすると、職場に電話がかかってくることが多いです。これは本審査の時にかかってくるのが基本で仮審査の時にはかかってきません。ですから、職場に電話がかかってくるのが嫌だという人であっても、この段階では心配する必要はないでしょう。

そもそも、仮審査の段階では細かい情報を入力しないことが多いです。例えば、ウェブ上で行われているものの場合には、年齢を知るために生年月日を入力したり、あるいは年収や他社借入についての情報を記入したりすることはあるのですが、細かい情報まで記入することはありません。ですから、そもそも電話番号を記入することもないですから、職場にかかってくる事もないのです。

このようなことを理解しておけば、まず仮審査を受ければ良いと言うことに気がつくでしょう。とりあえず受けてみてから考えるというのは良い方法です。気になった金融機関があれば、とりあえず受けてみて、どこなら審査に通るのかを把握した上で選ぶのは良い方法です。細かい情報を入力することはありませんから、個人を特定することは金融機関にとって不可能です。ですから、たくさん受けても問題はありません。

仮審査はいくつ受けても問題はないのですが、本審査はまとめて申し込むべきではありません。本審査に申し込みをすれば個人情報を入力することが必要となり、この情報は金融機関の間で共有されます。そして、短期間に申し込みが集中していれば多重申込者となり、審査では不利に扱われますから、本審査の申し込みについては1件だけにしておくのが良く、複数申し込みたいときには期間を空けるのが良いです。(こちらもご参考に→カードローン会社が複数申込み可と認めていることもある?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ