> > > カードローンの審査の電話が遅れているのは一人暮らしのせい?

カードローンの審査の電話が遅れているのは一人暮らしのせい?

こんにちは。ちょっと前の事なんですが、カードローンに申し込みました。あ、急にすみません。サードとおよび下さい。32歳の男性です。普段は普通に会社員をしています。趣味はドライブです。都内在住ですが、とあるスポーツカーを乗り回しています。

カードローンに申し込む事になった経緯を説明させていただきます。愛車は、結構古いんですけども。そのパーツを手に入れるには、外国のメーカーから直に輸入しなくてはなりません。ちょっと、走りに影響のある部分が壊れてしまい、パーツを仕方なく取り寄せる事になりました。それと、修理代が結構かかる事になります。

新車を買うとなると、カーローンを組むとか、色々と方法があるのですが。今ある車を直そうと思うと、自分でお金を用意しなければなりません。そうなると、私の会社の給料では、若干大変な額になってしまいます。

そこで、カードローンを申し込む事になりました。愛車の為には仕方ありません。しかし、審査の知らせがなかなか来ません。仮審査は通ったのですが、本審査は連絡が来ないのです。既に、会社の在籍確認は終わっているんですが。審査結果の電話だけが来ません。

メールでも届く筈なのに、不思議で仕方ありません。色々と、理由を想像してしまいます。もしかしたら、一人暮らしで、まだ独身である事が関係しているんでしょうか?こんな年齢でまだ独身の私を、カードローン会社は信用しないと言う事なんでしょうか?どうか、お答えいただけると嬉しいです。

審査に一人暮らしかどうかは全く関係ありません

サードさん、ご質問ありがとうございます。お車が趣味なんですね。しかも、外車のスポーツカー!きっと、相当に愛着のあるお車なんでしょうね。一度、乗ってみたいです。

そして、本題のご質問の件ですが。もしかしたら、審査の通知が来る事になっている電話番号を相手に間違って伝えてしまったとか、ありませんかね?少なくとも、一人暮らしと言う事や、ご結婚なさっているかどうか、と言うのは、審査の基準で問われる事はまずありません。専業主婦の方は、旦那さんの年収が返済能力に関わってきますので、問題になる事はありますが。

一度、サードさんの方から、問い合わせをしてみるのが良いと思います。最近のカードローンの審査はどこでもスピード審査が売りですので、あまり時間がかかるのは、審査が通っていないにしても、ちょっと珍しいかもしれませんので。何とか、カードローンでお金を借りる事が出来て、愛車の修理が出来ると良いですね!

【参考ページはこちら】
カードローンの審査が通らない理由、教えてください!

カードローンの返済が遅れている一人暮らしの人の督促電話への対応方法

銀行口座からの引き落としではなく、ATMなどから返済を行う契約をしたカードローンの場合、返済が遅れるとかなり高い確率で貸金業者から電話がかかってきます。というのは、口座から再引き落としをするということが出来ないため、契約者に状況を確認する必要があるからです。もし、うっかり忘れていただけではなく、会社をやめて仕事がなく、返済出来ないといった理由がある場合は、貸し金業者側もいろいろと対処しなければなりません。

たとえば、新規の借り入れが出来ないようにするといったことです。また、初回のみ口座からの引き落としを行うけど、そこで引き落とせなかったらATMなどで払ってもらうという貸金業者もありますので、そういったところも電話をかけてくる可能性があります。(こちらもご参考に→カードローン審査は会社にまで電話してくるってホント?

では、こういった電話には必ず出ないといけないのでしょうか。支払いが遅れていると電話に出にくいですし、出なくて済むのであれば出たくないという人が少なくないでしょう。

もし、一人暮らしであれば、他に電話に出る人がいないので、かかってきても無視することが可能です。結論から言うなら、返済出来る宛てが確実にある場合は、連絡に応じる必要はありません。返済出来る日に返済すればそれで済みます。たとえば、返済日が25日で、返済出来るのが翌月の1日だとして、実際に1日に返済すれば連絡に応じなかったとしても、新規借り入れが出来ないようになるといった契約の変更はまず行われないでしょう。

短期間での支払いの遅れの場合、督促の内容は決まっています。まず、返済日が過ぎているということを伝える。そして、いつ返済出来るのかを聞くということです。数日後に返済出来るのが確実なのであれば、どうしても答えないといむない内容の話ではありません。

ただ、出ないと毎日かかってきます。留守番機能をセットして会社に行く人の場合、毎日同じ番号から着信があるのはうっとうしいでしょう。なので、連絡出来るのであれば、いつ返済出来るのかを伝えた方がいいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ