> > > みずほ銀行のカードローン返済遅延で自宅に通知があったのだが

みずほ銀行のカードローン返済遅延で自宅に通知があったのだが

みずほ銀行のカードローンを利用したのですが、返済支払日を失念してしまい、自宅に通知がありました。どうすればよいのでしょうか。教えて下さい。

コールセンターに電話を入れてすみやかに対処しましょう

最短即日利用可能、来店・郵送不要、「WEB完結申し込み」が可能であるみずほ銀行カードローン。最大利用限度額はなんと1000万円。実質年率は4.0%~14.0%となっていますが、住宅ローンなどの利用に応じてさらに低い金利が設定されるようになっています。みずほ銀行に口座がなくてもカードローンの申し込みができるのですが、口座があれば、200万円までの利用希望に対して書類提出はありません。

みずほ銀行では派手なコマーシャルなどを展開していないため、知名度はそれほど高くないようです。しかし、最高年率が14.0%とかなり低めの設定になっていることから、金利設定を重要視しているユーザーからは概ね好評を得ているといってよいでしょう。カードローンとしては最大級のカードローンですので、まとめローンとして利用するユーザも少なからずいるようです。
(⇒みずほ銀行カードローンの特徴を教えて!

カードローンはいざという時のために用意しておいて損はありません。カードローンに申込みして手元にカードを準備しているだけであれば、無料で安心を手に入れられるということが最も大きな要因でしょう。しかし、一度キャッシングをしたら、何があったとしても完済しておく必要があるのです。カードローンなどキャッシング商品は、時期的な問題で間に合わない必要を間に合わせるために利用するものだからです。

それでも約定日の返済に間に合わなかったらどうなってしまうのか。このことはしっかりと理解しておく必要があるでしょう。人間ですから思わぬミスから約定日の返済に間に合わなくなってしまうということもあり得ることだからです。約定返済日が過ぎると数日で、キャッシングの返済に関する通知であることを他人に気づかれないように配慮した上で、支払予定日が過ぎていることを電話、はがきで連絡してくれます。

この連絡に応答して入金の約束をすれば、しばらくの間は連絡してこないはずです。しかし、入金を怠っているとまた連絡がはいるはずです。それを何度か繰り返すと、毎日電話で確認されることや、職場への確認電話などが入るようになるはずです。そして一ヶ月程度で直接自宅訪問が実施される場合もあるようです。連絡がとれないということになるとさらに事態が悪化します。連絡できないということが最悪なのです。

かつてのように、脅迫めいた取り立てこそは法律違反行為として処罰対象になっています。ですからキャッシング業者が法的手続きに移ったとしても取り立てにくる業者の名前が変わるだけと言う豪傑もいるほど。だからといって延滞が猶予されることにはなりませんね。個人信用情報を管理している情報機関にそれらの状況は全て記録され、最悪ブラックリストと呼ばれている状態になってしまいます。

そうならないためにも延滞の状況を作ってはならないのです。まず、入金予定日に間に合わないことが事前にわかっていたら、事前に電話を入れて相談することが何より大切。これで公的記録に影響を及ぼすことを避けられる可能性もあります。そして遅延後の入金予定日を約束したら絶対にこれは守ることが必要です。繰り返せば繰り返すほど交渉が難しくなっていくでしょう。

延滞が生じてしまったら、延滞金などと呼ばれる別途手数料が加算されることになります。その手数料が余分に嵩まないように速やかに処理しましょう。もし個人信用情報の記録が心配であれば、本人確認することで情報開示してもらえるので確認してみるのもひとつの方法です。

【参考ページはこちら】
カードローン会社は自分に合ったものを選びたい!探し方を教えて

みずほ銀行のカードローンを利用した際に自宅に通知は来るか

多くの人はカードローンの利用を家族に知られたくないものですが、一人暮らしではなく家族と同居している場合だと自宅に郵送されるものによっては家族にバレてしまう恐れがあります。みずほ銀行の場合だと自宅に通知をすることなく契約、利用することができます。ただし、申し込むローンの内容によっては専用カードが自宅に郵送されてきたり、契約内容を確認するための資料が送られてくる場合があるので注意する必要があります。

まずみずほ銀行だけではなくカードローン全般に言えることではありますが、会社勤めの場合擬似申告等がないかを確認するために申告した会社まで本人が在籍しているかを確認するために担当者に電話されます。(こちらもご参考に→在籍確認が気になる方にオススメ記事)みずほ銀行側も在籍確認をしたいだけであって契約者に意味なく苦痛をあわせることがないように、他の従業員にはなるべくカードローンを利用したかがわからないような電話内容になります。

このとき本人が会社にいれば電話に出た時点で確認は終了しますが、休暇等で会社にいない場合、自宅か携帯電話に連絡が来ることがあります。このため自宅に電話されたくない場合は事前に担当者に相談することが重要です。このことさえ気をつけていれば基本的に大丈夫です。みずほ銀行の場合カードローンの取り引き明細は元々自宅に発送されないようになっているためわざわざ設定する必要はありません。取り引き明細を確認したい場合にはみずほダイレクトのインターネットバンキングで確認することができます。

やや気をつけなければならないのがローンカード専用型を申し込んだ場合です。この場合だと住所を確認するためにローンカードが自宅に郵送されるようになっています。キャッシュカード兼用型のものを申し込んだ場合には契約内容を確認するための資料が郵送されてきます。当たり前ですが契約内容を守らない場合は自宅に書類が郵送される場合があります。たとえ故意ではなくとも、例えば契約時の利用限度額が申し込み時と異なる場合だと契約内容を確認するための資料が必ず自宅に郵送されてきます。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ