> > > 銀行カードローンでも、会社への在確って必ずありますか?

銀行カードローンでも、会社への在確って必ずありますか?

消費者金融で借りると、審査のときに必ず会社へ在籍確認の電話があるっていうのを聞いたことがあります。これって銀行のカードローンでも同じなんででょうか。できれば上司や同僚には知られたくないので、会社への電話は避けたいんです。在籍確認不要の銀行カードローンがあれば教えて下さい。

基本的に会社への在籍確認の電話は必須と考えておきましょう

会社へ電話があって借金したことが周囲にバレてしまう…できれば誰もが避けたいことですね。しかし基本的には在籍確認は必ず必要ということになっています。見知らぬ人にお金を貸すわけですから、相手が本当にそこで働いているのか、しっかりとした返済能力はあるのか、確認するのは当然といえば当然のことですね。

しかしそこは貸す方もプロ、誰もが会社への電話を避けたい気持ちは十分に理解してくれていますので、たとえ会社に電話があったとしても、社名は名乗らずオペレーターの個人名でかけてくれます。ですからその電話で周囲にバレてしまうというのは、それほど心配しなくてもいいのではないでしょうか。

しかしどうしても心配、あるいは会社が個人の電話を認めてくれないというような状況であれば、健康保険証や直近の給与明細書など書類の提出で、在籍確認を認めてくれるところもあります。カードローンの会社に一度電話で確認してみて下さい。しかしこれは特別な対応ということになります。ほとんどは在籍確認は電話でなければ認められないということになるはずですので、予めその心づもりで対応して下さい。
(⇒カードローンは在宅確認をされることもあるの?

銀行カードローンに申し込んだことを在確で会社に知られることはないか

銀行カードローンの利用は、人にはあまり知られたくないものです。特に会社に人に知られてしまうのは、絶対に避けたいところでしょう。もし上司に知られてしまったら、社内での評価にも響いてしまいますから、出世に悪影響を及ぼすかもしれません。そこまでのことを考えたら、なんとしても同僚や上司には隠し通したくなります。

銀行カードローンを利用しても、同じ会社の人に知られる可能性はほとんどありません。申込用紙に勤務先を記入しますが、銀行が会社に連絡をするのは在籍確認と延滞をして催促をするときのみです。延滞の催促の連絡は、それほど問題になることはありません。なぜなら在確は申し込むと必須ですが、返済の催促はキッチリ返済をしていたら絶対に連絡されないからです。会社に連絡をされないために、返済は期日までにおこないましょう。

それでは、在確は必須で必ず銀行から勤務先に電話がかかってくるとなると、銀行カードローンに申し込むのを躊躇うかもしれません。たとえ申し込みをしても、いつ電話がかかってくるのだろうと、落ち着かない気持ちになることもあるでしょう。

しかし、在確で会社の人にバレてしまわないかと、怯える必要はありません。在確の連絡があったときには、銀行の名前が出されることはないからです。個人名で会社に電話で連絡してきて、申し込みをした本人が在籍しているか確認するだけなので、銀行カードローンのことを知られる可能性は低いといえるでしょう。

もし電話を受けた人が不審に思い質問をされたら、クレジットカードの申し込みをしたと誤魔化してください。在確はクレジットカードの申し込み時にもおこなわれますから、相手も素直に信用するでしょう。それでも不安なら、事前に連絡があることを伝えておくと良いかもしれません。会社の人も、まさか銀行カードローンに申し込みをして自分から打ち明ける人はいないと思いますから、不審に思われることはないでしょう。

【参考ページはこちら】
会社への在籍確認が不要なカードローンはあるの?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ