> > > サラ金はカードローンで勤務先に電話をかけてくると聞いています

サラ金はカードローンで勤務先に電話をかけてくると聞いています

サラ金についてですが、勤務先に電話をかけてくるケースがあると聞きました。カードローンでも同じなのでしょうか?

サラ金だとかけてくるケースはあります

先にいっておきますが、カードローンで勤務先に電話をかけてくるケースでは在籍確認があります。なので、在籍確認ありとなっている場合に、カードローン業者として危険なように思わないように注意しましょう。また、サラ金の場合は勤務先に電話をかけてくるのではなく、本人とコンタクトをとれそうな場所に電話をかけてきます。

携帯などを所持されている場合には、何度も携帯に電話がかかってきたりもします。サラ金そのものは不正な金利で経営をされているので、もし誤って利用されているだけなのであれば、警察などで相談をされるか、もしくはネットなどの金融トラブル相談所にアクセスをするとよいです。どちらにも言えることなのですが、このような場所に連絡を入れるようにしておくと、場合によってはトラブルが軽減します。

勤務先に電話をかけてくるカードローンというのは、サラ金以外ではありませんので、トラブルになった際には「どのような迷惑をかけられているか」を通話記録やメモなどで記録しておくといいです。それが証拠になって、各対応機関についても素早く動いてくれることがあります。また、違法金利での経営をしているケースが多いので、返済についても対応せずに即時に電話などで相談をするほうが効率的であったりする場合が多いです。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしのカードローンがあるってホント?

カードローン申請時の勤務先への電話について

カードローンの審査では安定した収入があるかどうかを最も重点的に調べられます。これにより大抵の場合は勤務先へ電話で本人が勤務しているかどうかを調べるためにかけられます。しかし勤務先には多くの人がカードローンを利用したこと、利用しようとしていることを知られたくない人が大勢います。このため最近ではほとんどの場合銀行名でかけてきたり、もしくは、クレジットカード発行のためと称した在籍確認をすることが多いようです。他の会社員や従業員にバレる可能性はほとんどないと言えます。

どうしても在籍確認されたくないという場合には社員証明書や収入証明、社会・組合保険証などを提示することにより回避できる消費者金融や銀行もたくさん出てきているので調べてみることをお勧めします。しかしやはり在籍確認の電話を必要以上に怖がる必要はぜんぜんありません。不安な場合にはカードローンを申請する前に、電話やメールなどで問い合わせてからどのような在籍確認がかかるのか、勤務先にくる在籍確認の内容を変更することはできないのかなどを聞いてみるといいです。

クレジットカード会社の場合であれば、逆に持つことがステータスと思っている方もたくさんいらっしゃいます。カードローンを利用する場合に、お金を借りる事実が会社にバレることが恥ずかしいようであれば、クレジットカードでのカードローンを利用するのがお勧めです。

しかしテレビCMでよく見かけるような大きな企業の利用でもお勧めできます。プロミスやレイク、アコムなどの名前を聞けば誰でも消費者金融を思い浮かべるでしょうが、これらの会社は必ず提携している銀行名を使ってから在籍確認を行ってきます。

これらの場合「○○さんは勤務中ですか?」等の簡単な質問をされるだけで終わります。もしくは本人がいる場合には本人に変わってくれと言われるだけです。その後、自分の名前を名乗れば在籍確認が完了します。たとえ消費者金融を利用したことがある人であっても感付く人はほとんどいません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ