> > > カードローンは会社に連絡行くのか教えて?

カードローンは会社に連絡行くのか教えて?

勤務先にカードローンを申し込んだときは、確認の電話が行くとききました。勤務先は個人情報保護からも、過去に同僚は在籍証明がとり難かったと聞きました。カードローンを申し込むときすべてのカードローン会社は会社に連絡がいきますか?

全ての企業ではないですが、在籍確認のため電話はあります

会社に連絡が行くというのは、審査の段階での在籍確認の事でしょうか。その際の確認電話ですが、かかってくる電話は企業名を名乗らず、個人名でかかってきますので、カードローン会社からかかってきたとはわからないでしょう。そしてあなたの在籍していつ事実が証明されればいいのです。あなたが不在でも。会社の他の人が不在だということを伝えるだけで証明は完了です。なので、カードローンを借りることを知られたくない時でも、知られずに確認できますね。ただ会社のシステム的に確認がとりずらい場合がありますね。会社の考えで在籍していることを教えてくれないところもあるでしょう。

在籍確認は、申込み書に虚偽がないか確認して、企業に勤めていることで安定継続した収入が見込めると会し手企業からの信用をえることができます。また電話がかかってくる段階は、審査が進んで行って審査に通りやすい段階まで来ているということでね。ですので在籍確認が取れないと審査の結果に影響を与えるということです。

在籍確認があるのが前提と思ったうえで、それでも確認が難しいようなら申込時初めから申込先企業に相談しておいてはどうでしょう。会社への在籍が証明しやすい資料例えば、給与明細や健康保健所で社会保険の加入していることが証明できたり、社員証など提出して確認を認めてもらえることもあるようです。

【参考ページはこちら】
在籍確認後、審査結果はすぐに分かるの?

カードローン申し込みのときに会社に連絡行くのかどうかが気になる人

カードローンの審査のときに、在籍確認として会社に連絡行くのかどうかが、不安な人がいらっしゃるのではないでしょうか。そもそも、何故会社に連絡があるのかといいますと、理由はカードローンの審査にあります。会社としては、返済能力があって過去に金銭的なトラブルのない人へお金を貸す方が信用でき安心できますよね。

そこで、カードローンを申し込んだ人が信用できる人かどうかを最初に審査するのですが、この際に場合によっては、会社へ連絡が行くことがあります。どのような連絡があるのか事前に把握していないと、自分の立場が危うくなる可能性も考えてしまい、落ち着かなかったり心配になる気持ちはよくわかります。

審査のときに、確認されるのは、会社によって多少の違いはありますが、次の幾つかです。まず、安定した収入があるかどうかということ。そして、新規申込みか過去にどこかで取引をしていたか、延滞をしていないかどうかという、信用情報を確認します。次に、居住地や勤続年数の確認です。

在籍確認で会社に連絡があるとすれば、このあたりの確認のためです。信用情報は新規申し込みの場合には、記録がないのでそのようなときに、申し込み者が本当に会社に在籍していて安定した収入があるのかを確認するために、担当者が連絡をすることがあります。

この連絡は、担当者が個人名で連絡を入れて、申込者の在籍が確認できればそれで問題はありません。中には、総務へ連絡し、勤続年数などの確認をする担当者もいるようですが、あくまで申込者の立場が悪くなるような内容の連絡ではありませんので、安心してください。

ですので、申込用紙に虚偽の内容を記載していない限り、申込者が不安に思うようなことはありません。
あとは、申し込み用紙に不備がないかや、借り入れが多いかどうか、一度に複数の会社にカードローンの申し込みをしていないかという条件をクリアできれば審査に落ちる可能性は低くなります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ