> > > みずほカードローンの利用にオリコの審査ってどういうことなのか

みずほカードローンの利用にオリコの審査ってどういうことなのか

みずほ銀行のカードローンは大型の銀行系カードローンとして紹介されたのですが、利用の申込みにオリコの審査が必要だと聞きました。これはどういうことなのでしょうか。みずほ銀行のカードローンをみずほ銀行が審査しないというのは何故ですか?

保証会社を外部委託してカードローンが利用しやすくなりました

みずほ銀行カードローンは利用限度額10万円~1000万円、金利4.0%~14.0%という銀行系カードローンでも最大級のカードローンです。みずほ銀行に口座を持っていなくても申込みができますし、口座を持っていれば申込みはWEBで完結して、最短即日の利用が可能になっています。このカードローンは住宅ローンなどの利用があれば、カードローンの金利が優遇されるような面白いメリットがあります。

評判・口コミは比較的肯定的なものが多くみ見られます。例えば女性でもカードローンの利用ができた。突然の出費に間に合わせることができた。あるいは収入が低くても利用することができた。地方でのATM利用の関係から、特に給与振込口座をみずほ銀行に持っている場合は良い評価をされているようです。審査は比較的速いという意見がまとまっています。また上限金利でも現在最も低い水準になっています。

みずほ銀行カードローンの商品詳細を見ると申込み条件は、年齢が20歳以上66歳未満、安定した継続した収入が本人または配偶者にあることが要件になっています。そして保証会社の保証が受けられることが条件として付記されています。この条件が意味することは、カードローンの審査をみずほ銀行が行なうのではなく、保証会社である株式会社オリエントコーポレーションが行なうということです。

かつて銀行系カードローンは極めて審査が厳しく、一般消費者にとっては実用性に難点があるといえるものでした。それは銀行には一般個人向けのキャッシングの実績も乏しかった経緯があり、故にノウハウの蓄積も望めなかったことに起因します。しかし現在、保証会社との業務委託・提携によってそのような問題を回避、解決しているのです。

つまり、保証会社に委託することで銀行は担保を確保し、一般利用者に対しては保証会社側に蓄積されている一般消費者に対するノウハウを活用するというモデルを構築できたということを意味します。この保証会社による審査によってカードローン契約の可否を判断することで、従来の銀行系カードローンでありながら、一般的な利用者に対して極めて利用しやすいものとして提供しているのです。

みずほ銀行カードローンの場合、保証会社はオリエントコーポレーションになっていますから、カードローンの申込みに際して審査を行なう会社はオリエントコーポレーションだということになります。オリエントコーポレーションは関東財務局に登録している消費者金融業者です。ということはオリエントコーポレーションが消費者金融としてのノウハウを活用することでカードローンの利用を審査していることになります。

銀行と消費者金融業者との業務委託によっての事業提携は現在ひろく見られることになっています。本来は貸金業法上の総量規制によってキャッシング可能な上限金額が制限されていたのですが、このような事業提携によって貸金業法の規制対象にはならないキャッシングが利用可能になっています。充分な資金政策を背景に持つことが可能になったカードローンが広く利用可能になったということなので大変喜ばしいことですね。

オリコやみずほカードローンを活用して投資を始める

資産管理や資金運用に関する意識が変わろうとしています。今まで資金運用と言えば一部の富裕層や投資家が行うものと考えられてきました。しかし、中間層がいなくなり、所得格差が広がり続ける現代において、もはや何か行動を起こさなければいけないという危機感が醸成されているのは間違いありません。

経済成長が続いている時代においては、給与所得の使い方は消費するか貯金するかの選択肢しかありませんでした。その選択肢で間違いなかったのです。しかし、貯金をしても資産が増えないことは低金利の例を出すまでもなく自明の理です。資産は運用しなければ絶対に増えないのです。

投資は株式や証券と言った金融商品だけを指すものではありません。自己研鑽などの自己投資も立派な投資法の一つです。何かにアクションを起こし、それ以上のリアクションを得る。その為に資産を投資に回す。学校教育現場では全く教えられない考え方ですが、グローバリゼーションと自由経済主義の世の中において、知らなければいけない処世術です。

問題は初期投資です。多くの資産運用を考える投資家が初期投資で躓きます。自由に投資に回せる留保資金を持っている方は確かに少ないのかもしれません。初期投資に充当させるのに便利なのが大手金融機関から提供されているカードローンやキャッシングなどの金融商品です。これらのサービスは融資までの時間が早く、すぐに投資に回すことができるので魅力です。オリコやみずほカードローンはその代表ブランドの一つと言えます。

カードローンやキャッシングに対して債務超過などのネガティブなイメージを持たれている方もいるかもしれません。しかし、金融サービスには当然ながら厳しい法律順守が求められます。コンプライアンスはオリコやみずほカードローンではより強く求められているのです。リスクは最小限に抑えることができるのでとても安心です。リスクをさらに抑えたい方は先ずは少額融資から始めることもお勧めです。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社ってどうやって探せばいい?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ