> > > できれば在籍確認なしでカードローンを作りたいです

できれば在籍確認なしでカードローンを作りたいです

在籍確認なしでカードローンを作れるところはありませんか?在籍確認があると、カードローン利用しているのがバレそうで怖いのです。

今では在籍確認なしはありません

回答からとなりますが、在籍確認なしでカードローンというのは今では存在していません。というのも、過去に在籍確認なしでカードローンで何度も契約者がトラブルを起こしているからです。ちなみに、年収が多ければカードローンで在籍確認免除されるというのはデマです。特に銀行では、カードローンで在籍確認を必須として対応しているので無理になっています。

次に、在籍確認なしでカードローンというのは不可能ですが、在籍確認時間を限界まで短くするというのは可能となっています。例えば、カードローン契約申請の際に申請用紙が手渡される(用意されている)ようになっているのですが、その紙面の備考欄に「在籍確認について短いほうが助かります」というような記載をしておくと、カードローン業者側も気を利かせてくれるようになっています。

今では、高齢者だけでなく若者もカードローン利用をしている時代で、人数的には社会人の3人に1人がカードローンかクレジットカードを所持している時代なのです。その為、このようなサービスについては業者のほうも嫌がらずに対応をしてくれるようになっています。もし、在籍確認が短いのであればカードローン可能という場合には、このような対処もあるというのを思い出して実行して頂けると幸いです。

在籍確認なしでカードローンを申し込む方法はないか

カードローンを申し込む際に一番の問題点は職場への在籍確認です。職場にいつも外部から電話がある人であればいいのですが、そうでない場合不自然なのでどんな電話なのかと上司に問いただされることもあります。私用電話だと問題なので聞くのでしょうが、カードローンの申込と言うことがわかると資金的に困窮しているのかと疑われ、更に面倒なことになります。

このようにいろいろと問題の多い職場への在籍確認ですが、なんとか在籍確認なしでカードローンの申込ができないものかと考えたくなります。信販会社側からすると本当に職場で働いているのかが確認できないと融資ができないという面もあり、省略することは難しいようです。ただし、職場で働いていることがわかればいいので、他に代替手段があれば在籍確認を省略しているケースもあります。

そのキーポイントになるのが健康保険証です。健康保険証は会社を退職する際にはすぐに取り上げられますから、これを持っているということは在籍していることがわかるのです。信販会社側もわざわざ顧客の嫌がる在籍確認をするより、健康保険証を確認した方がいいのです。

もっとも、健康保険証を提示すれば絶対に在籍確認が免除されないという保証はありませんし、信販会社の担当者によって対応が分かれる場合もあります。このような場合、在籍確認を回避したい旨を仮審査の通知の時にでも言ってみることで、ひょっとしたら在籍確認を回避できるかもしれないという程度の気持ちでいた方がいいかもしれません。

ただし、在籍確認するのであれば申込はキャンセルしたいというようなことを言うと、結構相手にとってプレッシャーになるため、対応してくれる場合があります。信販会社側の内規もあるため必ず対応してくれるわけではないのですが、中小の信販会社であれば対処してくれるケースが多いです。ただし、即日融資等で時間が切迫しているような場合は対処してくれないケースが多いことは覚えておいた方がいいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ