> > > カードローン審査は在籍確認後に発行されるって本当?

カードローン審査は在籍確認後に発行されるって本当?

カードローンの審査について質問です。私はクレジットカードを作ったことがないのですが、作る時に審査があるということを聞きました。更に在籍確認というのがあると聞いたことがあるのですが本当ですか?本当なら会社に電話がかかってくるなんて恥ずかしくてクレジットカードを作れないのですが…。

在籍確認があるというのは本当です!

カードローンをする際、お金を貸す金融機関はその人が返済をしっかりしてくれる見込みがあるかを判断する「審査」を必ず行います。しかしカードローンをしたことのない人にとって、この審査は敷居の高いものに感じてしまうのではないでしょうか。

中でも「在籍確認」は、会社や家に本人が本当にその職場で働いているのか、その家に住んでいるのかを確認するために電話が来るのですが、会社の人や家の人に、自分がカードローンをしていることがバレるのが恥ずかしい…。確かにそんな気持ちも原因の1つでしょう。ですがご安心ください!この在籍確認、確認する金融機関は、所在を知らせることなく上手に在籍確認をしてくれるのです。

例えば確認の電話は、個人の名前であなた個人に電話を掛けてきます。そうすることで、うまく所在を聞き出すわけですね。会社や家にあなた自身がいれば、それで確認は終了。簡単ですね。もしあなたが居なかった場合でも、「××は席を外してしております」「××はただいま出張中です」「外出中です」などと応対してくれるはずです。

仮に在籍していなかったら「××という者は弊社にはおりません」などといった返事になりますよね。その時点でも確認の電話は完了し、ウソの在籍だということが明らかになります。何かの手違いで、社員などがそういった返事をしたしまったら事情を説明する必要がありますが…、稀なケースかもしれません。ですがもしもの時の為に覚えておくと良いでしょう。

金融機関にとっては、「本当にその会社や家に在籍しているのか」を確認したいだけですから、お客様に余計な心労や手間をかけさせることはありません。そんな事があれば、利用者が減るのは目に見えています。なので金融機関も自社のために行っているとも言えますね。

このように、在籍確認は気構える必要は全くないものなのです。もしあなたが在籍確認について心配していたのなら、今からその心配はする必要は無いと言えますね。安心してカードローンをご利用ください。もちろん、返済能力に合ったプランをしっかり立てた上でお願いいたします!
(⇒自分に合ったカードローン会社の探し方を教えて!

カードローンは審査の最終段階である在籍確認後すぐに利用開始できる

日常生活の中でまとまったお金が必要になった時、銀行や消費者金融のカードローンを活用すると不足額をスピーディーに補うことができます。一枚の個人専用カードを発行して持っておくことで、お金の不足時にサッと近場のATMまで駆けつけて簡単な画面操作にて融資金を引き出すことが出来るこのカードローン。あらかじめ決められた融資限度額の範囲内であれば、いつでも、何度でも、好きなだけ借り入れることができるので、とても便利です。

カードローンを利用するには審査を受けなければなりません。まずはネットや電話、自動契約機などで申し込みを行った上で、申込者の職業や年収などの情報から返済能力が算出されます。これに応じてカードローン利用の可否や融資限度額などが設定。また、金融各社が連携を結んだ信用機関への問い合わせによって、申請者が過去の借り入れにて返済事故を起こしていたり、返済が遅れたり、あるいは申し込みブラックなどに陥った経歴がないかなどのチェックを行います。

さらにここからが重要なのが、大方の審査が問題なく済んだ段階で審査担当者が申請者が勤務する会社に直接、在籍確認の電話をかけることになります。これは申請時に記載した勤務先の情報が正しいか否かを確かめるためのもので、ここで万が一にも、その企業に在籍している確認が取れなかった場合にはカードローンの利用が不可となります。

中には在籍確認に関して「会社の人間に借金のことがバレるのではないか」と心配する人もいるようですが、基本的に言ってその心配は要りません。というのも、担当者が電話をかける際には決して会社名を挙げることも、ローンの名称を挙げることもありませんし、多くの場合には個人名での問い合わせとなりますので、電話に出た相手に不信感を持たれることなく手続きを済ませることが可能となります。

こうやって執り行われた在籍確認後、ようやく融資の許可が下りて全ての審査に通過したことになります。その後、自動契約機にてカード発行を受けて、その足でATMから融資金を引き出せることでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認をするタイミングっていつ?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ