> > > カードローンで仕事場に連絡されないためにはどうすればいいか

カードローンで仕事場に連絡されないためにはどうすればいいか

カードローンでお金を借りなければいけない状況になってしまったけれど、家族にはもちろん、会社の人全員にも知られたくない。そう思うのは当然のことです。お金を借りること自体は悪いことではないはずですが、一般的にお金を借りる事は計画性がなく、良くない事と認識されている場合が多いのです。なので、多くの場合、人はお金を借りている事を隠します。

以上のようなことが借りる人間の心情にあるのではないでしょうか。しかし、カードローンの申し込みには審査が必要です。審査には書類の提出と同じように必ず行われるのが在籍確認です。その在籍確認が問題です。一般的に在籍確認は会社に電話をかけて借り主がそこに本当にいるかどうかの確認をされます。

その電話はいつ何時にかかってくるか分からないので、自分が確実に電話に出ることはできません。カードローン会社は会社名を出さずに、個人名でかけるなどの配慮はなされるようになりました。しばらくはそれで良かったのですが、今ではそれではばれてしまいます。

なので今では、インターネットで完結できる方法があります。在籍確認は、社員証や近々の給与明細を提出すればいらなくなりました。そしてその後の利用明細はインターネットで確認することができるので、郵送で明細いが届くという危険性もなくなります。

電話もなく、書類もない証拠がないので、周りの人にお金を借りている事がバレることはありません。しかし、返済が遅れれば、お金の取り立ての為に周りにバレてしまいます。そこの部分では注意が必要です。

【参考ページはこちら】
在籍確認が気になる!カードローン審査の流れ

カードローンの申込み・仕事場への連絡は?

近年、テレビでお馴染みの大手消費者金融をはじめ、メガバンクと呼ばれる大手銀行による「個人向け融資」が活性化している事をご存知でしょうか。住宅ローンや車のローン、教育ローンなど日々の生活に沿った各種金融サービスが豊富に用意されており、20歳以上であれば学生さんでも借入れがおこなえるという金融機関も数多く登場しているのです。

また最近では年金生活を送られている65歳以上の方を対象とした融資も評判となっており、年金だけでは埋まらない孫の入学祝や卒業祝いなどに利用される方も珍しくはなくなりました。誰でも気軽に借入れがおこなえるカードローンは、その利便性から幅広い年齢層をカバーし、急な出費にも随時対応してくれる柔軟性とスピードが高く評価されているのです。

カードローンをはじめとする各種融資を申込むさい、審査の段階で勤務先や家庭などに「本人確認」の電話連絡を入れるのが一般的です。これは申込みに虚偽報告がないかどうかをチェックするために行われており、融資の事実を知られることのないよう個人名で連絡を入れます。個人名で連絡を入れるため融資の事実がバレることはほぼ皆無ではありますが、それでもバレるのではと不安を抱えている方は、仕事場に連絡を入れることのない「本人確認なし」という金融サービスを利用されることをおすすめします。

これは一部の大手消費者金融が取り入れているサービスで、電話連絡を入れないかわりに、直近の給与明細2か月分や社員証などの提示が求められます。これらはあなたが勤務先に在籍しているという確認が取れる大切な書類でもあるので、念のため大切に保管されておくことをお勧めします。

景気回復が囁かれている昨今ではありますが、万が一に備えるためにも金融会社との連携をそのまま維持されておくのが無難です。予測不可能な事態に対応し、スピーディーな融資が期待できる金融機関は、あなたの人生を支える心強いパートナーとなってくれる事でしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ