> > > カードローンの審査で在籍確認のないところは信用できるのか

カードローンの審査で在籍確認のないところは信用できるのか

カードローンを組まなければいけなくなったのであれば、しなくてはいけないことがいくつかあります。それは本人確認書類を用意することとと自分の収入が月々どのくらいあるかが証明できるものを用意しなくてはいけません。その書類を見た上で、カードローン会社が行う一番大切なこと上がります。

カードローン会社がお金を貸す上で一番大事な確認行為は、在籍確認です。在籍確認はやり方はいくつかあります。昔は、職場に電話がかかってきて、本当に借主がいるかどうかを電話で確認する方法しかありませんでした。今では、社員証や、源泉徴収、給与明細などいくつかの書類を提出すれば、会社に電話をかける必要がないと判断されて電話での在籍確認は回避できるところが増えています。

このようにカードローン会社の審査は、必ず在籍確認があります。在籍確認がないから色々書類も用意しなくても言いし、電話の確認がないのは周りの人にばれなくて審査がゆるくてお金を借りるのは本当に簡単だなといって、在籍確認のない会社から借りるのは辞めるべきです。担保もいらない、保証人もいない、その上在籍確認もない。そんなないないずくしで大切なお金を貸してくれる会社はないと思いませんか?そんな会社はかなり危ないです。

いくらいろんなところにカードローンを申し込んでも通らない状況でも信用できないところからお金を借りることだけはしてはいけません。お金を借りなければいけない状態の人が、危ない会社から借りれば、状況は悪化するだけで改善はしません。カード会社に連絡をして相談するもの1つの手段です。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認に関するオススメ記事

カードローンの審査で在籍確認がないのは助かります

カードローンの申し込みをすると、審査の段階で基本的に職場に在籍確認の連絡が入ります。在籍確認ですから、当然本人が電話に出なければなりません。簡単なことのようですが、なかなか対応することはできません。常にデスクに座っている仕事ならいいのかもしれませんが、意外に在籍確認に時間がかかってしまったとういう人も多いのではないでしょうか。

例えば、会社の代表電話を記載したとします。その場合、ローン会社が社名を言わなければ、怪しい勧誘と勘違いされ、電話を転送してもらうことはできません。ローン会社も個人情報の観点からか、社名を言わない場合があります。また、在籍確認なので、本人が在籍していないと何度も電話がかかってきます。ローン会社が社名を言った場合には、ローン会社から何度も電話がかかってくるのは、周りの目もあり気持ちのいいことではありません。

その点、在籍確認がないというのはひじょうに便利です。申し込みの後、在籍確認の電話を待たなくてもいいですし、何より審査の時間が短縮されるのはひじょうにありがたいことです。本当に在籍確認がないことは、カードローンを申し込む際にひじょうに大きなポイントになるでしょう。

給料前で、ちょっとお小遣いがなくなったなど、少額のお金が必要になる時は多いです。そんな時、知り合いに声をかけてお金を借りるのは、気も使うし、言いにくいことも多いです。そんなとき、コンビニのキャッシュコーナーで簡単に借り入れや返済ができるのは、すごく助かります。次の給料日まで、ということであれば利息もたいしたことはありません。知り合いに気を使ってお金を借りるわずらわしさを考えれば、カードローンはひじょうに便利です。

カードローンは、計画的に借りれば決して怖いものでもありません。返済のことを考えたうえで、無理なく利用すれば、とても便利なものです。手軽でわずらわしさがないカードローンを上手に利用しましょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ