> > > カードローンを組むのに就職先は重要なのか

カードローンを組むのに就職先は重要なのか

学生の時は自分でアルバイトをしていても、収入はそんなに多くは無いはずです。学業が生活においての時間の大半を占めるので、働いている時間はどうしても社会人に比べえると短くなるので収入もその分少なくなってしまうのは当然のことです。なので、社会人としてしっかりと雇用されていると、収入の保証もあるということでカードローンは組みやすくなります。

では、定職に就いてさえいればいいのでしょうか?もちろん無職では、お金の返済能力がないとみなされてしまうので、お金は借りられません。近年では、雇用形態も色々あります。一番あんていしているのは、もちろん正社員です。ばっちりと会社に守られています。それ以外だと派遣社員、日雇い、アルバイトなどがあります。このように雇われ形態も重要な要素となります。
(⇒カードローンを利用しやすい職業ってあるの?

そして重要なのが勤続年数です。いくら定職に就いているといってもすぐに仕事を辞めてしまう人は信用度が低いのです。給与も勤続年数に関係しているので、とても重要です。また、社会的信用、給与がちゃんと払われるためには会社の規模も関係しています。大きな会社で創業年数も長ければ社会的に信用の置ける会社ということになり、どの会社に勤めているかはとても大切です。

このように、勤めている会社のランクは給与の保障という面で倒産しないであろうと言う強みがあるのでとても大事です。大きな有名な会社に勤めていれば給与もそれなりにもらえるのでキャッシングの必要はないのかもしれませんが・・・。

【参考ページはこちら】
カードローン審査の甘い所をお探しの方にオススメ記事

カードローンの審査は就職先に影響されるのか

カードローンを利用するためには審査が必要になります。この審査では年収や勤続年数などの経済力と借入額を審査されます。年収は返済能力を確かめる為に調査する事が求められます。勤続年数に関しては企業の安定性や個人の安定性を計られることになります。そして借入額は更なる借金をしようとしているのかどうか見極めるのに必要になります。そして見られていないようで見られているのが就職先です。

一般的に大企業と呼ばれる企業に勤めていれば、毎月安定した収入と年月を重ねる事によって給料が増えることによるより良い安定を求める事が出来ます。つまりカード会社にとっても、収入が安定しているので返済に関して問題が生じることが無いと判断される事になります。

そして東証一部上場企業の場合には、確固たる安定性があるので失業の心配が無いということになります。つまりこれ以上信用できるステータスは存在しないので、カード会社には優遇される事になります。また、聞いたことが無いような会社に勤めている場合には警戒されることになります。東証二部上場だと評価は上がりますが、上場もしておらず知名度が低い会社についてはよく調べられる事になります。

調べていて、近い時期に倒産する事がわかった場合には確実に審査に落ちる事になります。(こちらもご参考に→カードローン審査に落ちたら再申込みはできない?)また、業績が悪化傾向にある場合においても審査には落ちる事になります。カード利用者の勤務先が無くなることになれば、毎月の安定した収入が無くなるということであり、返済もしてもらえないという事になります。そうなれば会社にとっては損害になるので、そういった可能性がある場合には審査を通さないようになっています。

それ程に就職先の項目は大切であり、いくら年収が高かったとしてももうすぐ0になる見込みがあれば審査を通過することは出来ません。このように非常に細かいところまで見られているので、隅々まで良いステータスを所持できるように努力する事が大切です。
(⇒銀行カードローンの審査に通過できる方法を教えて!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ