> > > カードローンの審査で在籍確認なしの会社ってどこですか

カードローンの審査で在籍確認なしの会社ってどこですか

カードローンの審査で一番心配で、でも必ず必要なことの1つに在籍確認があります。これは基本的には借りる人の会社に貸す側の会社から電話がかかってきて、本当に借主がいるかどうかを確認するのが一般的です。しかし、この方法だと、明らかに会社の人たちにこの人はお金を借りますということが分かってしまいます。会社の電話なのでいつ誰が電話に出るかは分かりません。ある意味恐怖の電話です。出来ればかかってきて欲しくないですね。かかってくるまでも地獄、かかってきても地獄です。

このようなことにならないために、カードローン会社も色々なサービスを行っています。借りる会社によって様々ですが、直近の給与明細2ヶ月分、社員証、健康保険証があれば、在籍確認免除の会社があります。また会社名で電話をかけるのではなく、個人名で電話をかけてきてくれて、取引先の担当者を装ってくれる。しかし近年ではこの個人名は分かってしまう場合が多いです。

また、直接カード会社に出向いて対面して手続きをすれば、30分ほどでカードができて、明細は郵送ではなく、ネットで確認できるところもあります。大手のキャッシング会社であれば、源泉徴収や確定申告で終了できる場合もあるようですし、WEB完結という方法もあります。写真をデータで送り、収入の証明できるものを送り、健康保険証、直近1ヶ月の給与明細があれば大丈夫なようです。とても手軽ですね。

しかし、これだけ手軽に出来るからこそ、本当にお金を借りたことがバレたくないのであれば、一刻も早く完済をすることが一番大事です。借りるときよりも、借りた後どうするかが大切なのではないでしょうか?
(⇒自分に合ったカードローン会社を探す方法を教えて!

カードローンの審査で在籍確認無しの会社はあるのか?

会社での上司からのお誘いなど各種の付き合い、友人のお祝いごとや葬式などの冠婚葬祭、そしてちょっと使いすぎてしまってお小遣いの足りない月。普通に暮らしていても臨時の出費が必要となる場面はやっぱりありますよね。お小遣いも少ないし厳しいけれど少なくともお祝いごとなどは気持ちよくお金を出したいですね。今後の人間関係を考えてもそういうことは大切です。銀行などのカードローンを申し込みたいのだけれど、審査の際に会社から電話がかかってくるのはいやなので在籍確認無しの会社はないのではないかと思っていませんか?

通常、在籍確認の手順としてはカードの申し込みがされるとそこに記載された勤務先に電話がかかってきてオペレーターは個人名を名乗ります。そして名前や生年月日などの個人情報を聞いて本人確認しますが、それ以上のことを色々聞かれることはなく、電話自体はとても短時間で終わるのが普通です。

しかし、個人情報保護法の問題もあり、現在では大手企業を中心として在籍確認その他、個人名での電話は取り次がないという会社もあります。そして、取り次ぎができないことで審査に落ちてしまう可能性もあるのです。非正規の場合でもカードローン自体は申し込めるのですが、正社員ほど会社に名前を認識されていないために在籍確認が不可能ということもあります。

このような方は在籍確認の電話に代わる方法で信用状況を確認するという方法がとれることもあります。たとえば会社の発行した源泉徴収票や給与明細書など、年収を証明できるようなものがこれにあたります。源泉徴収票は会社の総務や経理に頼めば普通は発行義務があるのですが、これを出してもらう際に勘が良い人だと何に使うのかを大体わかってしまうこともあります。

たとえば自己破産など債務整理の場合などに源泉徴収票が必要になるので、少なくともお金がらみのことだということが推察されてしまうことは覚悟した方が良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの審査状況は在籍確認である程度わかる?

新着記事
カテゴリー
ページトップへ