> > > どんなことをするの?カードローンの審査で本人確認!

どんなことをするの?カードローンの審査で本人確認!

カードローンの審査では本人確認のために何が必要ですか。また審査ではどんなことを聞かれるのでしょうか。

運転免許証の提出が必要です

カードローンは、消費者金融や銀行が中心となって行っている融資サービスですが、融資したお金は利息と共に必ず回収しなければいけないので、本人確認のために運転免許証の提出が必要です。なければ保険証やパスポート、住民基本台帳カードでも代用できます。

また借り入れ額が50万円を超える、もしくは他社からの借り入れも含めて100万円を超える場合には、源泉徴収票や住民税決定通知書、確定申告書、給与明細などの提出が必要になります。

カードローンの申し込みはネットが主流になっていて、各種金融機関のホームページから24時間申し込みが可能です。住所、氏名、電話番号、生年月日などの個人情報、収入や勤務先の規模や雇用形態、他社からの借り入れ状況を入力して、必要書類をFAXで送信します。また窓口や電話、自動契約機からの申し込みも可能です。

審査では安定した収入があることと、過去の借り入れやクレジットカードの利用があれば、滞納していないかなどの確認を行います。収入が多くても、数社からの多額の借り入れをしていたり、任意整理や民事再生、自己破産などの債務整理をしていると審査では厳しく扱われます。(こちらもご参考に→カードローンの審査基準についてもっと詳しく

審査は銀行が特に厳しく、時間もかかりますが、金利が低いなどのメリットもあります。最近では消費者金融と提携してカードローンの融資を行うことが多く、無利息期間の設定や女性専用のカードローンなどもあり、利便性は高まっています。

【参考ページはこちら】
カードローンに申込むと必ず在籍確認がある?

カードローンの審査には本人確認と収入証明を忘れずに

カードローンを利用する場合は、まず本人確認と収入証明の書類が必要です。店頭で申し込む場合には、申込用紙に必要事項を記入したうえで、これらの書類を添えて申し込みます。本人確認書類は運転免許証、あるいは保険証かパスポートがいいでしょう。収入証明は、勤めている方は給与明細をできれば数か月分と源泉徴収票、自営業の方は、確定申告書を持参してください。ネットや携帯からカードローンを申し込む場合は、書類はFAXやアプリでの送付となります。

書類を提出するといよいよ審査です。審査にはそれなりの時間がかかりますが、消費者金融などの即日融資は、30分ほどで終わることもあります。審査で見られるのは主に収入や信用情報です。これは、その人の返済能力をチェックするためです。また、申込の際に記入された勤務先に、本当に在籍しているかを確認するために、電話での在籍確認が行われることもありますが、これは個人情報保護の観点から少なくなりつつありますし、始めから行っていない業者もあります。

信用情報のチェックは、審査の中でも最も重要なものです。通常カードローンは、無担保無保証であるため、その人がきちんと返済してくれるかどうかを、ここで見極めるわけです。もし、他からの借入やクレジットカードの支払が、3度連続して延滞となった場合は、事故情報、いわゆるブラック情報が記載されます。また、債務整理をした場合も同様です。この情報の記載は、延滞や任意整理の場合は5年間、自己破産の場合は7年間続き、その間新規の借入れやローンの申込はかなり困難になります。

事故情報があるけど、やはりカードローンを利用したい、そのような場合は、ブラックでも大丈夫なカードローンをネットで検索してみるといいでしょう。ただしその場合は、少額から借り入れ、きちんと返済が行われた場合に、借入可能枠が広げられるという形になります。また、定収入のある家族がいる場合は、その家族の名義で借り入れるという方法もあります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ