> > > カードローンの在籍確認!会社へのごまかしはできるのか?

カードローンの在籍確認!会社へのごまかしはできるのか?

カードローンの在籍確認の時に何とか会社に借り入れのことを知られないようにしたいのですが、何かいい方法があれば、ごまかしたいのですが、可能でしょうか。

在籍確認をしない金融機関を選びましょう

通常、カードローンやキャッシングの審査には在籍確認が伴います。特に銀行で借り入れをすれば、在籍確認は避けられません。しかし大手の消費者金融であれば、源泉徴収票や給与明細などの収入証明書を提出することによって、在籍確認をしないで済みます。ただ全ての消費者金融が収入証明書で対応してくれる訳ではありません。
(⇒カードローンの審査、在籍確認なしにできるの?

基本的には在籍確認は、審査の一環を担っていますので、金融機関にとっては重要なものなのです。しかし貸金業法には「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」という規定があります。たとえ勤務先に金融機関が在籍確認の電話をしても「○○ファイナンスのものですが××さんいらっしゃいますか?」というように、貸金業者からの電話だということを本人以外の人に気づかれてはいけないのです。

ですから金融機関が本人の勤務先へ電話をする時は、保険会社や家族、知人などを名のったりしています。金融機関が知りたいのは、本人が申告した通りの場所で仕事をしていることの確認なので、本人が離席していても、「××は、休憩中です」と別の人が答えても、本人がその会社にいることが分かれば審査はそれで終了と言うことになります。

それに本人が出ても住所を答えるだけで、終わってしまいますので、勤務先に借り入れの事を知られないようにすることは可能です。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認についてもっと詳しく!

カードローンの在籍確認にごまかしは通用するのでしょうか

カードローンに申し込むと在籍確認が行われますから、これが嫌だと感じるために利用するのを躊躇している人もいるでしょう。何とかごまかしはできなものかと考える人もいるようです。ごまかすことができるのかどうかと言えば、できないこともないです。例えば、知人が会社経営をしていれば、勤務先をその会社にしておいて、電話がかかってきたときにうまく対応してもらうと言うことも考えられます。(こちらもご参考に→カードローン審査で職場にバレるのが嫌なとき、どうすればいい?

しかし、もしも虚偽の内容で申し込みをした場合には契約が無効になってしまいますし、何らかのペナルティがある場合もあります。バレてしまうと、まず一括返済を迫られるでしょうから、大変な事になります。バレなければ良いと考える人もいるようですが、ばれたときのリスクを考えれば、ごまかすのは得策ではありません。

金融機関によっては在籍確認を行わないものもあります。例えば、社員証を提示したり、会社の健康保険証を提示したりすればそこで働いている事実の確認をとることができますから、この場合には電話がかかってこないこともあります。ただ、その場合でも金融機関が少しでも怪しいと思えば確認の電話をかけてくるでしょう。

会社に電話がかかってくると困ると考える人もいるのですが、実際には電話がかかってきたからと言って特に何らかの悪影響があるわけではありません。電話で根掘り葉掘り聞かれることはありません。本人がその場にいて自分で電話を取れば良いと考える人もいるでしょう。しかし、自分が電話を取らなくても問題はないです。

在籍確認では、たいていは個人名で電話がかかってきます。「○○金融です」とあからさまに電話をかけてくることは基本的にはありません。個人名で電話をかけてきて、その場に本人がいて電話に出ればそれで確認は終わりです。本人がいない場合でも、「そのような方は当社で働いていません」とでも言われない限りは、問題はありません。例えば、「只今席を外しています」と対応してくれればそれで確認は終わるのです。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ