> > > 銀行カードローン!審査が通っても職場への在籍確認がある?

銀行カードローン!審査が通っても職場への在籍確認がある?

カードローンの申し込みをしたいのですが、審査が通っても、職場に在籍確認の電話があると聞きました。銀行でも在籍確認は行うのでしょうか。

カードローンでの融資を受ける時の在籍確認は必須です

在籍確認は、借り入れをする人の収入源が申告通りに存在するのか否かを確認するためのものなので、全ての金融機関が行っています。カードローンの審査は、顧客の返済能力の有無の確認なので、申告内容は単純なものではありません。

氏名、住所、電話番号、生年月日などの個人情報とそれを証明するための身分証明書が必要になります。申告した個人情報と身分証明書の内容に食い違いがあると、審査に落ちる可能性があるので、気をつけましょう。また未成年は借り入れはできないので、審査に落とされます。まず、申し込みをする時は、各種金融機関のホームページで年齢や収入の有無から、借り入れが可能なのか、シュミレーションをするツールがあるので、利用することをお勧めします。(こちらもご参考に→カードローンの仮審査に時間がかかると否決?

カードローンの場合、毎月の給与に変動があっても年収を審査の対象にするので、心配はいりませんが、実際に給与を得ているのかどうかの確認をすることが必要なので、在籍確認は行われるのです。在籍確認は最終審査のようなものです。貸金業法で「契約者以外の第三者に契約の事実を知らせてはならない」という規定があるため金融機関側としても、本人以外にカードローンの審査のための在籍確認ということは、絶対に電話口で洩らすようなことはしません。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を探すことも大切

銀行カードローン審査と通って在籍確認があるので注意

カードローンは信用が無ければ利用する事が出来ません。何故信用が必要なのかは明白です。お金を無担保で貸すという事になれば、返済を保証してくれるものは何もありません。そういう時には目には見えないものを信じるという事になります。それが社会的信用です。社会的信用がある人物というのは社会的立場も上です。そういった人物が借金で不渡りを起こして信用度を下げる様な事はしないだろうと判断する事になります。逆に社会的立場が低く信用も無い人は、失うものが何も無いので、借金で不渡りを出す可能性が高いと判断される事になります。

お金は借すのも借りるのもリスクが付き物です。借しても返って来るかわかりません。借りても返せるかわかりません。このシステムを利用するにはお互いの社会的信用度が高い事が必要不可欠という事になります。その為にも事前に社会的信用度を高めておく必要があります。

まず、毎月の光熱費等の生活費の支払いを延滞しないようにすることです。信用情報にはこの様な細かい情報まで記載しているので、金融機関が利用希望者の料金滞納の事実を知る事になれば借金も滞納する可能性があると見られて、お金を貸してはくれなくなります。そうならない為にも、当たり前の事ですがしっかりと日頃から支払いをしていくことが大切です。

審査の際にはその様な事を見られます。年収や勤続年数も見られますが、このどれか一つでも基準に満たなければ審査に落ちてしまいます。消費者金融のカードローンも銀行カードローン審査と通って在籍確認があります。個人情報の欄に会社の名前を書いても、本当にその会社に利用希望者が在籍しているのかどうかはわかりません。(こちらもご参考に→銀行系カードローンでも在籍確認ない場合ってあるの?

古い情報を書いている可能性もあるので、カード会社はその事実を確認しなければならなくなります。その方法は、勤務先に個人名で電話をかけるというものです。これは会社によっては嫌がるケースもある上に、個人名でかけてきた場合には詳しく用件を聞かれる場合もあります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ