> > > 勤め先に連絡がいかないカードローンってありますか?

勤め先に連絡がいかないカードローンってありますか?

飲み会が続いてお金が足りません。カードローンを申請しようと思うのですがやはり勤め先に連絡がいくのでしょうか?

ローン会社が名乗ることはありません

個人名であなた宛に在籍確認の連絡がありますが、最近では個人情報の観点から在籍確認の電話への応対をしない企業も増えています。そういった場合にカード会社が取る方法として、給料明細と健康保険証で働いているという在籍確認をする場合もありますので、申し込み時にその旨を伝えてみましょう。

借入れを急ぐ場合、消費者金融系のカードローンは一番すばやく手続きできます。審査結果もすぐに分かる上、審査も緩めですのでうすぐに借りる必要がなくてもカードだけでも作っておくと良いかもしれませんね。

次にクレジットカード会社系の場合、クレジットカードそのものにキャッシング機能があればその上限までならスムーズに借入れできる場合が多いです。消費者金融系よりも少し金利が低めなのがメリットですね。

最後に銀行系のカードローンは金利は低めですが審査が厳しく、手続きに時間がかかります。過去に延滞などの金融事故があった場合や現在他社からの借入れがある場合は審査通過が非常に厳しくなります。

最近では消費者金融系でも初回の借入れ時に利息ゼロというキャンペーンを行っている企業もあるので、そういった制度を利用するのも良いでしょう。万が一返済が遅れそうな場合は返済の方法をリボ払いなどに切り替えることもできますのでなるべく自分の信用を損なわないように延滞だけは避けていきたいですね。

カードローン審査で勤め先に連絡が来るときにきかれること

銀行系カードローンを利用するときに、その人に貸しても大丈夫なのか信用に足る人なのかを調べるために、審査があります。これは、ある程度の条件を満たしている方ならば審査に落ちる心配はありません。そのときに、担当者が貴方の勤め先に連絡をすることがありますが、これは不審なものではなく、審査として簡単な確認を取るためのものなので、安心してください。

それでは、その電話で一体どんなことを聞かれるのかというと、それは、申込者が本当にその会社に在籍しているかどうかを確認するだけです。担当者は会社名は出さず、個人名で連絡を入れますし、在籍が確認されればそれで終わりです。しかし、場合によっては、勤続年数等も尋ねることもあるようですが、いずれも、短いやりとりですむものです。また、勤め先ではなく、自宅へ電話確認がある場合もあります。

この連絡があるのは、新規の申し込みで信用情報がまだない人や、どこかと取引をしていて延滞や滞納をしている方が多いようです。信用情報とは、その人を本当に審査に通していいのかを確認するためのもので、例えば携帯電話やクレジットカードの滞納の記録がある場合は審査を落とされてしまいます。その他にも、同時期にいくつかのカードローンに申請しているかどうかということも確認するので、心当たりのある方で、審査に落ちたのに在籍確認の連絡に心当たりがない人は、その前の段階で落とされている可能性が高いというわけです。

そのような人は、カードローン会社の定める幾つかの基準を満たしていない場合があります。収入であったり、申込用紙に不備があったりということです。審査の基準は、会社によって違いますが、ご自身の状況に当てはまる条件の会社を見つけ、再び申し込んでみましょう。

最後に、申し込みのときには、複数の会社に一遍に申し込むのは避け、1社ずつにしてください。已む終えず申し込むときには、多くても3つの会社までにするように心がけましょう。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社の探し方が知りたい!

新着記事
カテゴリー
ページトップへ