> > > 金利が低くて在籍確認なしのカードローンなんてあるの?

金利が低くて在籍確認なしのカードローンなんてあるの?

在籍確認なしでカードローンを申し込みたいです。金利が低いところがあればそこで借りたいのですが、オススメはありますか?

銀行系がオススメです

ただ、銀行系のカードローンで在籍確認がない場合というのは給料振込みの指定口座にしている場合でしたら在籍確認の電話をしないという場合がほとんどですが場合によっては在籍確認の電話があるかもしれません。

こちらは銀行名を出さずに個人名で電話をかけてきますが、最近では個人情報の観点から個人名での電話でも応対しないという企業も増えていますので、銀行の窓口でその旨を相談してみましょう。代わりの手段として過去数か月分の給料明細と前年度の源泉徴収票、そして本人確認書類として運転免許証や健康保険証の提示を求められる場合がほとんどです。

銀行系は金利が低めに設定されているので、審査は厳しいのですが通過すればキャッシュカードにキャッシング機能を付けることもできますので今後も何かあった時にすばやく借入れができるのでそこが最大のメリットです。銀行系のカードローンの場合、返済は口座にそのまま入金の場合と引き落としの場合がありますので、窓口で返済方法に関しても相談してみましょう。

また、どこかのクレジットカードをもっている場合はキャッシング枠の限度額内で借入れができる場合もありますので、こちらも選択肢の一つですね。クレジットカードの取得時に在籍確認を行うのでキャッシング時には本人確認がないという場合も多々あります。

新たに申し込むよりは既存のカードや口座を使っての借入れが一番リスクもなく金利も低いと思いますのでしっかり検討して分からない所はカード会社や銀行に相談してみると良いでしょう。

【参考ページはこちら】
カードローンの在籍確認に関するオススメ記事をチェック!

在籍確認なしカードローンで金利低いものは見つけにくい

在籍確認なしカードローンはいくつかあるのですが、その中で金利低いものを見つけるのは難しいです。全体的な傾向としては、在籍確認がないと金利は高くなる傾向があるからです。なぜこのような事になるのかというと、審査が甘いと金利を上げざるを得ないからです。(こちらもご参考に→在籍確認不要の低金利カードローンってあるの?

審査が甘いと、返済能力の低い人に対して貸し付けなければなりません。そして、金融機関が貸し付けたお金が返済されなくなる可能性も高くなります。それが原因で、金融機関は損失を発生させてしまいますから、経営を続けていくためには他の利益で何とかして埋め合わせすることが必要となります。その利益とは、貸し付けを行ったことによる利息収入です。

ですから、審査が甘いと利息をたくさん受け取らなければならなくなり、その結果として金利は高くならざるを得ません。在籍確認がなければ、その分審査は甘くなりますから、金利も高くならざるを得ないのです。ですから、一般的には在籍確認がないと金利は高くなるものだと考えておくべきです。この傾向はあるのですが、在籍確認に代わる方法を選ぶというのも良いことです。

例えば、写真入りの社員証があれば本人確認書類として用いることができる場合があります。写真入りの社員証があれば、その会社で働いていることを証明できるのですから、それによって在籍確認が行われないことがあります。このような方法については、金融機関と相談してみる価値はあります。どうしても在籍確認が嫌なら相談してみてはいかがでしょうか。

在籍確認を行わないと広告に掲載されていることもあるのですが、この場合でも状況によって在籍確認が行われる場合もあります。信用されていれば在籍確認は行われないのですが、金融機関から怪しいと思われてしまうと在籍確認が行われることがあります。これは多くの金融機関に共通することですから、怪しまれると在籍確認が行われるものだということは、申し込みをする前に知っておく必要があります。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ