> > > カードローンに必要な在籍確認審査、落ちるのはどんな時?

カードローンに必要な在籍確認審査、落ちるのはどんな時?

カードローンの審査で、職場への在籍確認があると聞いた。あまり、職場の人へお金を借りることを知られたくないけれど、どうやらカードローン会社であることが分からないよう個人名を使ってかけてくるらしい。自分が出れる時に、かかってくればいいのだが、営業なので外回りが多い。もし、自分がいない時に在籍確認がかかってきたら、審査落ちちゃうの?その他、在籍確認審査で落ちるのはどんな時か知りたい。

職場への在籍確認は、本人が出なくても落ちません!

カードローン審査のよくある質問の上位にくるのが、職場への在籍確認です。実際に、職場に電話を掛けてこられることに抵抗を感じる人も多いのです。しかし、対象者が虚偽の申告をしていないかどうかを確認するのが、この在籍確認なのです。そういう意味では、審査に無くてはならないものです。そういうわけで、在籍確認は回避できるのか、という質問については基本的にはできないと答えておきましょう。

職場への在籍確認について、本人が出なくても大丈夫か、という問題があります。カードローン会社は、個人名などを使ってそれとは分からないように電話を掛けてきます。その時に、本人がいれば取り次いでもらって…という流れになりますが、いなくても問題ありません。○○は、現在外出しております。という言葉だけで、充分その人がその職場に勤務している事が確認できます。カードローン会社の目的は、文字通り在籍確認をすることのみなのです。

それでは、在籍確認審査で落ちるようなことはあるのでしょうか?これは、逆に在籍確認が取れない場合です。考えにくいですが、電話に出た人が、○○というものは弊社にはいません、などといった対応をすると当然ながら審査に通りません。また、個人名で掛けてきた人に対して、会社は個人情報保護のためお答えできません、という対応をする会社がしばしばあります。その場合は、事前にうちの会社は、このような対応をされます、ということを相談しておきましょう。そうすれば、本人と確実に連絡が取れる時間帯などを、配慮してくれる可能性があります。

せっかく苦手な在籍確認が完了しても、落ちる場合はあります。在籍確認は、審査の終盤にありますが、あくまで審査は全体でみるものです。信用機関の情報、年収などの返済能力をトータルで見て、融資できる客か判断します。ただし、殆どの場合、在籍確認まで完了すれば、ほぼ審査合格の段階まで入っていると考えていいでしょう。

【参考ページはこちら】
在籍確認なしの銀行カードローンってあるの?

在籍確認でカードローンの審査に落ちることはあります

在籍確認が行われたことでカードローンの審査に落ちることがあるのかどうかと問われれば、普通にしていれば特に問題はないのですが、ないとも言えません。普通の人が正しく申し込みをして、そして電話がかかってきたときの対応が普通であれば通るでしょう。どこかに何か問題があるときには通らないと考えておきましょう。

では、具体的にはどのようなケースが考えられるのでしょうか。基本的には、金融機関が怪しいと感じたら通る事はないと考えておくのが良いです。その様な状況を把握すれば、落ちるケースはすぐに分かります。(こちらもご参考に→カードローン審査に落ちてしまう原因とは

まず、金融機関が会社に電話をかけても通じないときには通る事はありません。例えば、申し込みの時点で会社の電話番号を誤って記入していれば、電話をかけても通じることはありません。また、会社が電話料金を滞納していて電話を止められていることもありえることです。他にも回線の不具合などで通じないときには確認が取れませんから、審査に通ることはないと考えられます。

会社の電話が転送設定になっているときにも怪しまれる可能性はあります。小規模な会社なら転送にすることもありますが、これが怪しまれる原因になる事もありますから注意が必要です。

会社に電話がかかってきたときに、本人がその場にいなければならないことはありません。もしもその場にいなかったとしても、他の誰かが電話に出て、「本日はお休みをいただいております」などと対応してくれれば、働いている事は確認が取れるでしょう。しかし、その会社では働いていないと答えられたり、あるいは無断欠勤していると答えられたりすると、落ちることはあります。

このように、いろいろなケースが考えられるのですが、普通に働いている人であればこのようなケースには遭遇しないでしょう。気をつけるとすれば会社の情報を記入するときに、誤って記入しないことくらいで、他には普通にしていれば良く、特に問題がなければ落ちることはありません。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ