> > > 増枠がある在籍確認なしのカードローンてあるの

増枠がある在籍確認なしのカードローンてあるの

急にお金が入用になったり、思ったより、多くのお金が入用になったり、避けられない用事や事態に身の回りがなってしまったら、融資の増額をしてもらって、その場をしのげるような方法を取る必要に迫られる場合がありますね。そんな時、カードローンの増枠を申し込む時、在籍確認なしのカードローンてあるのでしょうか?

カードローンの増枠を申し込む時、在籍確認なしのカードローンはないと思っていて間違いないですね

同じカードローンで、増枠の申込みのみであっても、増枠が申込者にとって、問題ない金額なのかどうかを審査する上で、新たな与信判断が求められますので、在籍確認が発生しますね。つまり、増枠の申込み時には、新規契約時と比べて住所や勤務先等の契約情報に変更がないかの確認があります。だから、基本的にその時に確認された勤務先へ在籍確認がなされます。  
 
一般的な流れは、人によってその時間は異なりますが、在籍確認がなされたら即日、増枠が完了している場合が多いです。もし、いち早く追加融資を受けたいということであれば、増枠ではなく他の会社からの借入を選択しても良いかもしれません。スピードを考えれば、そうなりますね。

繰り返しになりますが、カードローンは、自動的に利用枠が増額したりはしませんので、かならず、利用者が申し込んで、その都度審査を受けることになります。

しかし、ここで気を付けることは、カードローンも、利用実績に応じて自動的に上限が上がっていくのではと甘く考えている方は、認識をあらためる必要があります。カードローン利用枠の増額も、審査基準は新規申込時の審査と基本的に変わりません。つまり在籍確認を含めた個人信用情報を照会して、利用歴の健全性と他社借入状況がチェックされることになります。

以上見て来たように、カードローンの増枠には、いろいろな制約があり、それをクリアする時間が短い程、早く融資してもらえます。一番気を付けなくてはならない要件としては、過去の借金は返済が遅れていないこと、または忘れずにきちんと返済がなされていること、あまり多くの会社からお金を借りていないことなど、ブラックの要素がないことが審査期間の短縮につながることになります。

【参考ページはこちら】
自分に合ったカードローン会社を探すにはどうしたらいい?

カードローンの増枠審査では勤務先への在籍確認なし

カードローン契約時に決められる利用限度額というのは、とりあえずこの金額でという様子見で設定されるものです。たとえば、申込書に書かれている項目を見る限り、100万円までなら融資出来ると考えたとしても、いきなり100万円を利用限度額に設定するということはあまりありません。というのは、貸金業者にとってリスクが高いからです。もしかしたら、利用限度額いっぱいまでキャッシングして、何度か返済してすぐに自己破産してしまうという可能性もあります。

お金を借りたあと、一度も返済せずに自己破産した場合、始めから返済するつもりがなかったということで申し立てが可能ですが、何度か返済すればそれは難しいので、あきらめるしかありません。
なので、そういったことにならないように、最初に設定する利用限度額はあえて最大限の額よりも下にするのです。そして、ある程度の期間、きちんと返済した客に対しては、利用限度額を増枠出来ますと持ちかけます。

つまり、様子見の期間は終わったので、客の属性に合った金額まで上げてもいいということになるわけです。増枠を持ちかけたの貸し金業者側だった場合、客が応じれば、基本的には利用限度額が上がります。ただ、増枠のための審査は行います。しかし、この審査は申込時の審査と比べると調べることは少なくて、たとえば、勤務先の確認については、客に対して勤務先は以前と変わりないかどうかを聞くだけで終わります。在籍確認なしです。

ただ、もし、勤務先が以前と変わっていて、その変更届をしていない場合は、増枠の手続きをする前に返済しておいた方がいいでしょう。というのは、増枠後に返済を忘れて貸金業者から職場に連絡された時、既に退職していると伝えられると、一時的にでもカードを止められてしまう可能性があるからです。長期の延滞でない限り、連絡を取って現在の勤務先を伝えて在籍確認が取れればカードはまた有効になるはずですが、余計な混乱を招かないためにもあらかじめ連絡しておいた方がいいでしょう。

新着記事
カテゴリー
ページトップへ