> > > フリーターでも在籍確認なしカードローン会社はお金を貸すの

フリーターでも在籍確認なしカードローン会社はお金を貸すの

一般に、正社員と比べ、収入が少なく、月当たりの収入が定まっておらず、所属会社もないと見られているフリーターの方でも、生活する上で、お金を借りる必要は必ずあるものです。こんな時、在籍確認なしカードローン会社は、フリーターの方でもお金を融資してくれるものなのでしょうか?

最近はフリーターの方でも借りられるキャッシングが増えてきています

融資の審査基準は、キャッシング会社によって若干違いますが、どの会社も主に着目するのが、返済能力があるか、信用力があるかというところです。つまり、アルバイトであっても、毎月一定の収入があれば、きちんと返済できるということがわかるので、大丈夫です。又、固定電話を持っていたり、保証人がいたりすれば、信用度がぐっとアップします。

言葉を変えると、しっかり返済してくれる人を、カードローン業者は、顧客として、お客さんになって欲しいので、毎月一定の収入がある安定したフリーターは、とてもよいお客さんだとの認識なのです。

この”毎月一定の収入がある”、そこのところをクリアすれば、在籍確認なしのフリーターでもキャッシングが可能なのです。

では、フリーターの方におススメのキャッシングは、どんなものがあるのでしょうか?フリーターの方が、キャッシング会社選びをする際は、以下の点を基準として選びましょう。
・申し込みから借入れまでがスピーディ
・来店不要
・低金利
・大手会社で信頼度が 高い
・利便性が高い(どこでも借りられる)

なお、フリーターで一番注意しなくてはいけない点としては、借り入れするときに、総量規制という法律があるので、その点をよく注意することです。総量規制とは、年収の3分の1以上は、借り入れすることができないというっことで、フリーターのにとって、借り入れ基準の制限になることがあります。

例えば、稼いでいるあるフリーターの方の年収が120万円とします。120万円の3分の1というと、40万円です。これを超えて、借り入れ審査を申し込むことができないのが総量規制の法律に引っかかるというものです。

このように、総量規制という法律に則り、収入と、借入金額をよく考えて、借入審査を申し込むというのが、フリーターのカードローンでの注意点です。

逆にいうと、これ以上借りてしまうと、返済することはかなり困難になる。自己破産してしまう可能性が、かなり高くなるというレベルになります。返済しきれないで、借金苦で困らないように、こういった法律がありますので、一つの目安としてとらえてみましょう。

在籍確認なしカードローン会社はどこですか?

カードローンを申し込むと、必ず契約書に勤務先と勤務先の電話番号を書かされます。そして本当にそこで働いているかを確認する為、記入された電話番号に必ず電話して、在籍を確認します。これを在籍確認といって審査では必ず在籍確認が有ります。

在籍確認の目的ですが、一つは実際に働いているかを確認して、安定的な収入を得ているかを調べます。もう一つは平時に連絡が付くかの確認です。返済が遅れていたりして緊急の用が有った時に連絡が付くかを確認する為です。

この在籍確認が、借りる側からすれば会社に電話をされるのが迷惑なので、カードローンを作らない人が多いくらい評判が悪いです。しかし貸す側からしてみれば、本当に働いているかを確認する方法と、平時に連絡が付くかを調べる方法が、これしかなかったので、在籍確認は無くなりませんでした。

しかし携帯電話の普及で、家に固定電話を付けている人が減り、融資条件の家に固定電話を付けている人が減って、貸出先が減少しました。そして総量規制が始まって、一人あたりの貸出が制限されて、その分顧客を増やす必要に迫られ、大手消費者金融は在籍確認をしないで契約出来るようになりました。

平時に連絡は携帯電話が有るから問題なく、在籍の方も在籍を確認できる書類を提示すれば問題なくなりました。

だから 在籍確認なしカードローン会社はどこですか?の質問には大手消費者金融と答えます。他はまだ大手消費者金融みたいな在籍確認なしにはしないで、まだ在籍確認をやっています。

それで面白いことに、銀行カードローンの保証会社が、本業の消費者金融では在籍確認なしでも大丈夫なのに、保証の方は必ず在籍確認をしています。だからまるで別会社みたいに見えます。

在籍確認なしカードローン会社は、今のところ大手消費者金融だけですが、在籍確認なしの方が申し込みは増えているし、実際何の問題もないことから、そのうち他も在籍確認なしになっていきそうです。

【参考ページ】
カードローンの審査基準に関するオススメ記事はこちら

新着記事
カテゴリー
ページトップへ